2012年09月25日

どんどん秋

我が家の鉢植えのりんご(アルプス乙女)の色も急にドンドン色付いてきたるんるん

b0120925-1.JPG


鉢植えのカリシナもチョット見、未だに休眠中の様にみえるけれど眠い(睡眠)

b0120925-2.JPG

よく見るとドンドン覚醒中ひらめき

b0120925-3.JPG

残暑が長くお目覚めが遅かった分
室内に取り入れるまでの期間も短いので
室外でタップリ光合成できる時間が足りなくないのかな?



バードハウスの前のシデコブシの芽もドンドンふわふわしてきてる

b0120925-4.JPG


いやぁ〜・・・どんどん秋だわ〜あせあせ(飛び散る汗)
と思ったけれど

b0120925-5.JPG

雨上がりのリシマキアのこの鮮やかな黄緑色に元気もらった感じグッド(上向き矢印)わーい(嬉しい顔)
posted by alchemilla at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 庭の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月22日

秋分の日の一日

今週の前半と後半では空気がガラッと入れ替わった
今年の暑さはお彼岸になっても終わらないんじゃないかと心配したが
今ではスッカリ秋本番。
もう夏日にさえならないし
日が落ちてから外に出ると半そででは居られない(^^;)
それでも平均気温よりはまだ高いんだろうけれど
あっという間にググッと気温は下がっていくんだろうなぁ〜

さて本日は秋分の日でお彼岸のお中日
信心深い私は(ウソウソ)
お庭のお花をチョンチョンと摘んで
後先祖様のお参りに

行きがてら、河の中に見つけた鳥

b0120922-1.JPG

今日はアオサギだった

又おまわりさんにチェックされないように
一枚パチリと撮って直ぐに出発し
アチコチお参りして実家でお花のお手入れを少しして帰宅したのだが
帰りの高速道路を走っている時の夕日がとても綺麗だった

b0120922-2.JPG

あっという間に日が沈んでしまったけれど
秋の夕景はダイナミックでドラマチック
今日は日が暮れるまで噴火湾の向こうまでクッキリと見渡せた

一日があっという間に終わっちゃう
日暮れがホント早くなったわ
posted by alchemilla at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

32.6℃って・・・

暑かった・・・あせあせ(飛び散る汗)
今日は暑い!と思って温度計を見たら室内でも午前中から32℃がく〜(落胆した顔)
多分私が今までこの家の室内温度計で見た最高気温
家中の窓を開け放っているのにこの温度って・・・
しかも8月じゃなくって9月中旬よ〜たらーっ(汗)

今年は8月より9月の方が暑い
でもコレだけ暑い日が続くと体も慣れてくるもんだw
7月や8月は30℃近くでヒ〜ヒ〜と苦しかったけれど
今では暑くて不快ではあるけれど
呼吸が苦しくなるような事にはならなくなっている(^^)v

でもお彼岸も間近、草紅葉も始まっている
植物も秋と認識しているようなのだから
もう少し涼しくなってくれないと苦しいかもしれない

シュウメイギクとサラシナショウマは今時期の前庭のメーンのお花
開花時期も花丈もピッタリ同じが例年なのだが
今年のサラシナショウマは何故か短め

b0120918-1.JPG

でも和風な香りを漂わせて虫達を誘惑している

b0120918-2.JPG

カメラを向けてもお構いなしに夢中でお食事している


明日の雨で少し気温が下がってくれないかなぁ〜

posted by alchemilla at 21:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 庭の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

一本足?

しかしよく降った雨
4日間土砂降りが断続的に続いて地面もたらふく水分を含んでいる
今日は朝から良く晴れて気持ちの良い雨上がりだったけれど
土はグズグズで泥だらけになるので植え替えなんかの庭仕事はチョット無理
久しぶりにお洗濯物を外に干してから
ちょっとその辺をパトロールw

田んぼではサギが飛んでいるのを良く見かけるので
居ないかなぁ〜と探してみても
探している時には大抵居ないモンなのよね

ぷら〜っと車を走らせて川を渡っていると
白い鳥らしき物体を目の端が捕らえた
ハザードをつけて車を降りてみるとサギではなく白鳥だった

ん?もしかして片足?

b0120913-1.JPG

水面にももう一本の足が写ってないがく〜(落胆した顔)

b0120913-2.JPG

中洲についてる足跡も片方は点々?

b0120913-3.JPG

この白鳥は飛来したものじゃなくココの留鳥
降り続いた雨で川は増水していて中洲もいつもより小さいし
もしかして怪我でもしたのかな?
なぁ〜んて思ったらバサッっと羽を広げて
ちゃんとでっかいもう片方の足も見えるじゃないのひらめき

b0120913-4.JPG


帰ってから検索したら
白鳥もフラミンゴみたいに片足で立つ事結構あるみたい


で、帰ろうとして振り向くとミニパトからおまわりさんが・・・
ここは交通量が少ないから良いけれど
本当は橋の頂上付近は駐車禁止だからねと
ニコニコしながら注意されてしまいました (^^ゞ

いや、多分ダメなんじゃないかと思いつつも
ど田舎なので・・・ツイね・・・あせあせ(飛び散る汗)

以後気をつけま〜すダッシュ(走り出すさま) 
posted by alchemilla at 00:43| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

土砂降りの雨

8日土曜日の夜から降り始めた雨
本当によく降った
地面もたらふく水分を含んでるって言う感じ

日曜の朝、バケツをひっくり返したように降っていた
雨音をBGMにウトウトと気持ちよくまどろんでいたが
主人の「雨漏りしてる!がく〜(落胆した顔)」の声で驚いて飛び起きた
あぁ、建てて17年、イヨイヨ雨漏りするようになったか・・・
でも昨年屋根塗ったのになぁ〜ふらふら
などと思ったが、よく見ると天窓から雨が伝ってきているようだった
天窓の寿命なのかな?と思ったので確かめるべく
高さ6メートルの天窓まで梯子で登って確かめてみた
どうやら最後に開いた後の私の閉め方がキッチリしてなかったみたいで
一度開けてから閉め直したらピタリと止まった
とりあえず一安心グッド(上向き矢印)
でも何もかも古くなっているのは確か
イロイロ手を入れる事も考えなくてはいけない頃かな

9月に入って雨が多くなったけれど
今回は叩きつけるような雨が長く続いた
二番花のデルフィニウムもへし折られていたもうやだ〜(悲しい顔)

b0120910-1.JPG

b0120910-2.JPG

b0120910-3.JPG


なんだか雨の雫がこんなに綺麗に乗っているのを見ると
気のせいかもしれないけれど
地面の温度も植物の温度も芯から熱が抜けて
キーンと冷え冷えになったかの様に見える

夏は終わったのね
posted by alchemilla at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 庭の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

涼しくなった夜温

日中の気温は25℃以上はありそうだけど
夜温はスッキリとして気持ちが良いわーい(嬉しい顔)

この夏はかつて無いほど植物が葉焼けしたものが多く
こんな事今まで経験した事が無かっただけにとても驚いたがく〜(落胆した顔)
今年が特別なのか、それともこれからこういう事が増えていくのだろうか?

何はともかく植物達も夜温が下がってきて
一気に元気を取り戻したかのように見えるグッド(上向き矢印)るんるん


b0120908-1.JPG

シモツケ ゴールドフレームは
花後に切り戻したので
又綺麗な新芽と控え目にお花を咲かせ楽しませてくれている揺れるハート

b0120908-2.JPG

手前の斑入りのセダムが今年も毛虫に汚されてしまった
毎年チョット油断した隙にこんな風になってしまうのよね〜もうやだ〜(悲しい顔)


嬉しい事は白いクレマチスのカイウがようやく咲いてくれた事ぴかぴか(新しい)

b0120908-3.JPG

もう買って何年か経つけれど
鉢植えのままのためかまだまだ順調と言う感じではない
この春延びたツルの成長点をシャクトリムシなのかな?
あんな動きの真緑色の虫に喰われてむかっ(怒り)
生長が止まってしまったもうやだ〜(悲しい顔)

仕方ないので二番花に期待して切り戻したら
生長サイクルが多少狂っているので
勢いはほとんど無い感じではあるけれど
やっと久しぶりにお花を見ることが出来た黒ハート

明日から少し雨が続くみたいだけど
その後は一気に秋めいてくるんだろうなぁ〜
posted by alchemilla at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月04日

イロイロいる

お庭からイロイロな声が聞こえてくる

以前は北海道には居ないといわれていたミンミンゼミ
近年は何処かで鳴いている声が聞こえてきて
それだけで驚いていたが
今年は絶対に我が家のお庭で鳴いていると言うことが何度も

多分一匹だけで鳴いているのだろうけれど
声、デカっ!
蝦夷春ゼミとは全然違うのに驚くのよ〜
凄く暑い日に限って鳴くので余計にそう感じるのかもしれないが
これぞ日本の夏の音!みたいな鳴き声

かと思えば声はしないけれど秋の代表の様な赤とんぼも飛んでいる
こんなに暑い日が続いているのに赤とんぼはもう里まで降りてきている

そうだひらめきこの前は大汗かきながら草取りしてたら
どうしてココに?と言う場所で
草の中からクワガタがでてきた。
こんな近くでクワガタを見たのは
子供の頃弟が飼っていたものを見て以来かも
クワガタって木の上にいるものだと思っていたのに
地面に居る事もあるのね〜

アマガエルは午後になると毎日のように大合唱している
いったい我が家のお庭には何匹定住している事やらたらーっ(汗)

アマガエルはいつも私を驚かせて楽しんでいるようふらふら
摘もうと手を伸ばした花の上とか
お洗濯物を干そうと物干し竿を拭いていると
ス〜と雑巾を滑らせた先に止まっていたり
出るときは気づかなかったけれど
入ろうとドアのノブに手をかけようとすると
ノブの直ぐ横の壁にへばり付いていたり(;^^A 

ケロはお庭に居てくれる事は大歓迎なんだけど
基本両生類系はダメなので触れない
あんまり驚かせないでね


この夏、お庭で耳にする野鳥の声がある
ツィッツィッと言うかチッチッと言うか
一声一声力強いこの鳴き声が
お庭の桜とナナカマドの茂みの中からずっと聞こえていて
どんな姿なのか分からなかった

昨日囀る声が随分近くなので窓辺に近寄ると
チョンチョンと地面を歩くと言うか跳ねてると言うのか
のんきに移動している姿を目撃した
網戸越しだったのと暑くて気力もなくカメラに収めることはしなかったが
シメのような強力そうな嘴をもった
割と汚なめ?あせあせ(飛び散る汗) イヤイヤ、綺麗じゃない系な?鳥だった

シメの様なスッキリとしたカラーリングでも泥棒のような面構えでもない
色がまだらな感じなので嘴だけシメに似ているなぁ〜と言う印象の鳥

我が家のポケット図鑑で見ても良く分からなかったが
もしかしてナントカマシコ系?とも思ったが嘴がどうも違う

鳴き声はシメっぽいのでシメで検索してみた
もしかしたら幼鳥なのかもしれない
そう言えば何だか動きが幼かったかもわーい(嬉しい顔)

我が家のお庭で繁殖してたのかもしれないと思ったら
何となく嬉しくなってきたるんるん

お庭ってワンダーランドぴかぴか(新しい)
posted by alchemilla at 16:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 庭の様子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする