2019年12月17日

道具小屋を作ろう 8

もう絶対に無理だな
年内に外壁完成は💦

一昨日の日曜日
サクサクッと明り取り窓を完成させられると思っていたのですが
ベースのべニア板と外側の窓枠の取り付けだけで終わってしまいました⤵

と言うのも
先日新しいおもちゃ、エアタッカーを購入しました
手持ちのエアタッカーはラティスを作る時に購入したものなので
シンの幅が4ミリのもの
後は手で打ち付ける物しかなく
木材の仮止めなどに使うには不便だったので
丁度安い物を見つけたので購入したのですが
な、なんと
試し打ち5発でシン詰まり💦

それを取り除くのに大分時間をとられてしまいました

なので

昨日は昼過ぎまで雨だったので時間がなく
雨後に窓枠と窓枠の間を埋めて前側だけの仕上げとなりました


b20191217-1.JPG



今日は中空ポリカのカット面にアルミテープを張って


b20191217-2.JPG


べニアとポリカの空間でグラつかない様にスポンジの隙間テープを貼って


b20191217-3.JPG



裏面にポリカを挟み込むべニアを打ち付けて明り取り窓完成です♪


b20191217-5.JPG



作業の途中、
知らないおばさんが塀の外から
仁王立ちで真っ直ぐこちらを眺めて居てビックリ(笑)

今日は午後から小雨
仕事は小屋の室内でしてたから問題ないのだけど
ただでさえ冬至前で日は超短い上に雨で薄暗いの
庭の中に入って見たそうに話しかけてきたのですが
もう、3時を過ぎると時間との勝負(^^;)
申し訳ないけれど私は物置の中、おばさんは塀の外での会話でした

昨日までは切り口が綺麗だからと思い
切断もノコギリを使っていましたが
今日はもう切り口とか言ってられず
丸のこ使って時短

でも後かた付けは5時前だったけれど
もう、とっぷり日は暮れてました


b20191217-4.JPG


明日からまた気温が下がるって言うので
11月の様な気温だった昨日と今日
頑張って良かったです(^^)v

次の日曜日も「やるっ!」って旦那ちゃん言ってるけれど
やれるかなぁ?
エンジンかかるの遅すぎるよねぇ〜💦






posted by alchemilla at 21:52| Comment(8) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

道具小屋を作ろう 7

あやしい!
本当に年内に形になるのがあやしくなって来た我が家の道具小屋💦

それでもね、
8日の極寒の日曜日に
吹雪になる前のお昼頃
物凄く文句ブーブー言われながら
旦那ちゃんに丸鋸で明り取り窓の切り出しをやってもらいました♪
やってもらいもん勝ち(^^)v


ここに明り取り窓をいれます

b20191210-1.JPG


で、コンパネ1枚から形なりの板を切り出してもらい


b20191210-2.JPG


明り取り窓になる部分をくりぬいてもらいました


b20191210-3.JPG


ジグソーではなく丸鋸と鋸で切り出したので切り口がとても綺麗です✨
※下の方に見える段は必要な段です



今回は中空ポリカボネートを使うのですが
今日は2桁に届くか?と言うような暖かさだったので
カッターでのんびりとポリカの切り出しをしました(^^)

b20191210-7.JPG


b20191210-4.JPG


カッターで切り出しできるのですが
何せ、か弱い女子(笑)
2時間かかって3枚切り出したのですが
力をずっと入れていたので
今、手がプルプルです(^^;)


窓枠もどきを取り付け


b20191210-6.JPG


裏側にも板を取り付けて落ちない様にします


ポリカボネートは熱による収縮があるので
くり抜いた板を型紙にしてピッタリサイズに切り出すのはNG
1mにつき1℃上がると伸びる長さより
1℃下がると収縮する長さの方が大きいようなので
きょうの温度を10℃として
一年で一番上がる温度はここから20℃位
いちばん下がる温度はここから25℃以上と考えて
真冬の嵐でのすっぽ抜けを危ぶんで
固定しないのでべニアの厚みの遊びの分もあるので
計算で出た数字より少なめにして
クリアランスはチョット(笑)←結局適当


b20191210-5.JPG


今日はお天気だったから
窓枠の木材にも一度目の塗料を塗りました
明日も気温が高めなので2度目の塗装が出来そうです(^^)v


さて、年内どこまで進むかな?






posted by alchemilla at 18:47| Comment(4) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

12月になりましたね

今年の秋は本当に変な秋
去年のここは、
秋が長くて12月まで土いじりができて植え替えが出来ましたが
今年の11月は年明けの様な真冬日が何日も続いて
11月下旬には土がガチガチに凍ってしまいました
11月から冬本番って感じですね、今年は・・・

かと思えば、
12月に入り最高気温がプラス5℃をこえての雨が2日と続いたので
もしかしたら土のシバレも緩んでいるかもしれません

こんな風に寒くなったり本来の気温に戻ったりしてるためなのか?
他の庭木はすっかり葉を落としきったし
こんな寒さの頃にはとっくに落葉していると思っているカエデの葉
今年はまだ落ち切っていないと言うか
たっぷりモサモサ残っている不思議??

全く持って植物の生態って不思議
何が色々な動きのトリガーになっているのだろう



もう何年も前からこれから先の体力を考えて
雪折れ予防に紐でくくる以外
冬囲いはしない、冬囲いの必要なものは植えない方針です

でも今年唯一冬囲いをやったのがコバノズイナ

毎年越冬はするものの
春先に芽が動き出した後の寒の戻りに大きなダメージを受け衰弱
シーズン中に復活するも徐々に勢いはなくなって行く
を繰り返しているので
チョットだけ冬囲いをして取り外すのを遅くしてみようかと思いました
(すっかり忘れて雪解け直ぐに取り外してしまうかもしれませんが💦)

毎年そんな感じなので大きくは育てないので
タイトに縛り付けて

b20191130-1.JPG

使った資材はカラマグロスティス

b20191130-2.JPG


このうちの一束を刈り取ってスッポリ被せてみました

b20191130-3.JPG


窓からの眺めも冬囲いをしてる風でも無く
他のグラスをまとめてる様子と同じで違和感なしです


一応最低限の事はやれたので
このまま冬になっても諦めは尽きますが
もう少し雑草を綺麗にしてマルチをタップリかけてあげられたら
良かったのになぁ

今年の11月は予想より庭に出られる日が少なくて残念でした
でも、毎年自分の思うようには事は進まないのだから
諦める事も肝心ですね
もしかしたら12月、もう少し土を触れる日が有るかもですし(*^-^*)
(全然諦めがついてない(笑))


それでも11月中にバラとリンゴに最後の薬剤散布ができて一安心です
散布の途中で噴霧器のノズルが壊れて
確かもう一台あったと思ったら
そちらも既にノズルが壊れていて本体のみになっていて焦りましたが
何とか散布し終えました(^^)

ノズルだけ買おうおと思ったら
本体込みの価格の方が安かったり💦
価格設定の不思議?



さてソロソロ庭のかた付けばかりではなく
室内の大掃除の段取りも考えなくっちゃですね







posted by alchemilla at 15:30| Comment(6) | 園芸作業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする