2015年05月25日

2015 ガーデン巡り 2

清里エリア

朝、小鳥のさえずりで目覚めたぴかぴか(新しい)
高原の朝よね〜るんるん
普段は目覚ましを止めても時計襲って来る眠気との戦いの朝だけど
非日常では話は別(笑)
どんなに早起きのスケジュールでもこなせるのは
こんな年になっても幼児性が抜けてないってことかしら

今回は特別早朝のスケジュールって言うわけじゃないけれど
昨日お庭の様子や周りの環境をあまり見ることが出来なかったから
興味津々で外に出てみた

玄関前ではチューリップが

b20150524-1.JPG

良い色の取り合わせかわいい
シンボルツリーの立派なエゴノキも素敵な葉色をしていた
数年後にお花を下から見上げるのが楽しみな事でしょうねハートたち(複数ハート)

待機苗たちも元気

b20150524-2.JPG

b20150524-3.JPG


sirokumaさんが気を使って鹿よけの電柵の電気を切って中に入れてくれたので
北側のポタジェの中も見せてもらったのだけど
これだけの面積、石の振り分けだけでも本当に大変で
お二人の頑張りがうかがえました
我が家の小さな前庭の時も同じ作業をしたけれど
若かったからやれたんじゃないかと思うものたらーっ(汗)

一冬、二冬とこの土地での様子を観察して実践して
大丈夫な事とやってみて無理な事を判断して
色々とアイディアを生み出している所と言った感じで
生活を作り上げているのを楽しまれているのが素敵で面白そう

ご近所の様子も素敵なの
ヨーロッパみたい(行ったこと無いけどね)

b20150524-4.JPG

アップルさんと広い敷地の中をゆっくり見て歩いてデッキまで戻ると
「あ、朝食がそろそろ出来てるかも」な〜んてサラッと言うのよ、アップルさんたらーっ(汗)

主婦が外に居るのに朝食が出来るシステムって何よ?って思いますよね(笑)
戻るとアップルさんもキッチンに入り、ご夫妻二人で美味しい朝食を用意してくださいました
その時「これが最後の0-chanのジャム」って出してもらったジャムを
パンやヨーグルトと一緒に頂きましたわーい(嬉しい顔)

なんか、この食事をしながら
こんな風に丁寧に生活を送っている人たちが身近に居るのって
色々な意味で私って幸せだなぁと思いましたよ

この後チョットはこのお庭のどこかに私のマーキングを残したくて(イヌ?)
今回アップル邸にと思って用意していたハスカップを
自ら植えてやろう!と思っていたのですが
まだ植え場所の移動が有るかもしれないのでと言う事なので
ちょっと大きめのシートのポットに借り植えして
それを地面に穴を掘って植えてきました

その後、おむかいの花盛りの素敵なお庭にお邪魔して
お庭を見せてい頂いて、楽しいおしゃべりをしてから清里エリアへと出発しました

昨年の軽井沢に続いて清里という
若い時には良くメディアで目にした地名
軽井沢は若い時に一度訪ねた事があるけれど
清里は初めての場所なので楽しみでした

最初はアップルさんのお宅から割と近くの牧場へ

b20150524-5.JPG

アップルさん、北海道の人に牧場を見せてもどうかしら?なんて言ってましたが
土地の起伏感が違ってやっぱり知らない土地に来たのねって感じがしましたよ
ヨーロッパの牧場みたい(行ったこと無いけど2)

b20150524-6.JPG

ここで「山梨県」の名前の由来となった「山梨」の木のお話を聞いたり
富士山も見えました

b20150524-7.JPG

その後、私自身はあまり良く知りませんでしたが
清里のエリアで貢献したポールラッシュさんがキリストの教えをもとに指導したKEEPの活動施設?
清泉寮にチョット立ち寄って
立ち寄る人があまり居なささそうなあせあせ(飛び散る汗)小さなガーデンを一回りしてきました

b20150524-8.JPG


続いて私がリクエストしていた「萌木の村」へ向かいました

b20150524-9.JPG

点在するショップの一つの
屋根まで駆け上がっているブラッシュランブラー

b20150524-10.JPG

絵になるなぁ〜


b20150524-12.JPG

私も一頭位作れないかしら(笑)


う〜〜〜む、美しい
この石が欲しい・・・
羨ましすぎる・・・

b20150524-11.JPG

b20150524-13.JPG

二人で石垣談義を熱く語らいながら写真を撮りつつ歩いていると
いきなり後ろから上品なご婦人の「うん、そうね」との声が聞こえ
独り言かと思ったらそのまま私たちの話に参加してきてあせあせ(飛び散る汗)
萌木の村ラブ揺れるハートなオーラ満載で色々とお話をしてくれました
アップルさんもこのエリアの住人になったばかりなので
こんな風に色々な情報を頂くのは嬉しかったと思います
で、一時度お別れした後すぐにご婦人が
この日の夕方行われるオルゴール博物館「ホール・オブ・ホールズ」で行われる
オルゴールとマリンバとのコンサートの招待券を頂いたので
お時間があったら寄ってみてとチケットを渡して下さったのでした

ほぉ〜〜〜
ここにはこんな風に地元を愛する人が居て
その人たちが今この「萌木の村」を盛り立てているのだろうなぁ
チョット胸が熱くなりました
ここに来るまでに通って来た80年代の負の遺産的な駅前を見てきただけにねたらーっ(汗)

お昼になりROCKで私はピザを、アップルさんはカレーを頂きましたが
お話に夢中で画像なし(^^;)
どんだけしゃべり倒してるんじゃ〜〜

食事の後も完成まで後10年と言うドンドン伸びている石垣
その石垣のお庭の植栽など穴が開きそうな位見てきましたが
そう珍しい物を使って植えこんでる訳じゃないけれど
この土地、この風土に合った植栽と全体をコーディネートしてるなと
ほれぼれと見てきました
流石ポール スミザーさん

b20150524-14.JPG

その後ショップの一つでお気に入りの小さな陶器を見つけたのでお買い物をしました
私、いつも自分であきれるんだけど
どうしてこうも持ち帰りにくい物ばかり
旅先で購入するのかしら??ふらふら


コンサートまでの時間、お隣のガーデンカフェでお茶することにして
お庭の中のガゼボの席に陣取っておしゃべり

b20150524-15.JPG

展示施設でガゼボの中に入ってみた事はあっても
そこの座ってお茶をすると言う事は初めてだったので
ガゼボ自体に植物が全体を覆っている訳じゃなくても
何となくこう言う空間って守られているような落ち着きが得られるなぁと
また一つの実体験ができました
アイアンの小さなガゼボでしたが
個人のお庭では案外ごつくなりがちな木製よりも目立たなくて良いかもね
お庭の敷地や植栽されている樹木と構造物のボリュームのバランスって
とっても大事だと思うので
熱にうなされてアレもコレモと作ってしまいがちな構造物は
よ〜っく考えてからにしなくてはと改めて思いながらお茶してましたふらふら

時間の少し前にオルゴール博物館にお邪魔して
オルゴールの展示を色々と見て回りながら時間まで待って居ました

b20150524-16.JPG

b20150524-17.JPG

b20150524-18.JPG

が、
またしても博物館や展覧会場でありがちな
特有の照度で立ちくらみがく〜(落胆した顔)
どうもあの感じの暗さ、苦手なのよね〜 もうやだ〜(悲しい顔)
普通の暗さならなんてこと無いんだけどなぁ

なのでアップルさんも付き合ってもらって早々に着席して待って居ました

チケットを譲ってくださったご婦人もいらしたのだけど
月曜日と言う事も有ってさほど多くない人数で始まったコンサートでした
奏者は「大森たつし」さんとおっしゃる方です
初めてのマリンバの演奏、良かったですわーい(嬉しい顔)
手回しオルガンも回させてもらいましたるんるん

パリ万博で来場者を入り口でお迎えしていた言う大きなオルゴール(大型自動演奏オルガン)
リモネール1900との大迫力の共演を聞かせてもらいました
しかもオルゴールがメインでマリンバが伴奏の他に
オリジナルでマリンバのためにリモネール1900に伴奏してもらうためのオリジナルの曲をオーダーして
CDを作ったと言う事です
アップルさんはsirokumaさんへのお土産にCD買って帰ってました

コンサートを終えてもまだ暗くは無いので
一度アップル邸に戻って一息ついてバードウォッチング用にセットされているカメラで
やって来る美しいキジの画像などを楽しませてもらいました

私たちが外で遊んでる間にsirokumaさんは畑へ下りる階段を
2箇所に作っていました
こうやってパワフルにドンドン作り上げて行くのに感心しちゃいます

この日の夕食は昼間立ち寄った清泉寮の新館
ご馳走になってしまいましたレストラン
宿泊者のためのレストランですが余裕があればビジターも利用できるようです

前菜とデザートがバイキング形式で
メインをチョイスするようになっていました

前菜、見事に野菜を使っていましたが
どれも美味しかったです
調理法も和洋エスニック、どれも美味しくて唸ってしまいましたるんるん

b20150524-21.JPG

私はメインを和食にしたのでポークの味噌風味

b20150524-22.JPG

お二人は確かラムと桜鯛だったかな?

満腹だったはずだけどデザートは別腹に詰め込めます

b20150524-23.JPG

勿論、これで済んだはずもなく
アレヤコレヤとコーヒーなども含めて何度も行ったり来たり
明日はヨーグルト(手作り)だけだね〜なんて3人で言い訳しつつ
デザート三昧の後超満腹でアップル邸に戻ったのでした

こんな静かな山の上なのに
こうやって外食を楽しむ場所が我が家よりよっぽど多いのに驚いちゃいました

0-chanも言ってましたが
本当に良い土地とご縁があったと思います(*^-^*)

こうして2日目の夜は更けて行ったのでした


ラベル:清泉寮 萌木の村
posted by alchemilla at 21:25| Comment(4) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
alchemillaさんの現在のフォーカスによるとは思うんだけど、
周辺の 石積みの色々な景色に 私も心動かされますわ〜(^^)
ちょっと ヤマガラの抗議を理由に2年サボってた花壇の石積み がんばろ〜っと♪

で、今 懐かしの音楽の「レコード」が売れているように、
「清里周辺」っていう場所も 今の東京からの移住組の年代の人々にとって、
ノスタルジックな 良き時代の思い出の地なんでしょうネ
カキワリのような 薄っぺらい土産物店の残骸ですら、どこかしら甘酸っぱい思い出があるんじゃないでしょうかネ^_^;
そもそもの地形がいい場所ですもんね。

アップル邸も 私が訪れたのは緑がモリモリのお盆の頃だっから
こういう 緑が浅い頃の風景は また違っていいですネ(^^)
切り株で鳴くキジの画像は またアップルさんに見せてもらいとしましょう♪
Posted by 0-chan at 2015年05月26日 01:01
0-chan
萌木の村の石積み、本当に綺麗でしたよ
0-chanも一見の価値ありです
萌える事間違いなし(≧▽≦)
花壇の石積み、頑張って!
でも0-chanやる事満載ですね(^^;)
A型気質を発揮して一気にじゃなくコツコツね(^_-)-☆

新緑の頃はどこも本当に美しくて
紅葉の美しさに負けない新緑の色味幅に見とれました(*^^*)

次の日の朝は煩い位にキジが縄張りを宣言する鳴き声を上げてました(´艸`)
あれ、毎日なら煩いかも(爆)


Posted by alchemilla at 2015年05月26日 10:55
見事にポイントを押さえての撮影していますね。
今回適当なところは抜いてきたので
私の写真は歯抜け状態な所もあります。

>朝食の準備
まずは20年以上の北米生活のおかげがあるでしょうね。
alchemilla さん達もダンナが毎日家にいて三食用意する毎日を想像してみてください。
それほど手間では無くても一食抜けたら良いな〜と思い始めますよ。
だいたいフルで三食食べるのがきついよね〜。
何とかサマータイムで動きたい夏の間だけでも朝食抜きの二食にならないか協議中です。

>待機苗たち
ただいま大所帯になっています (^^;;;
これから不織布ポット苗に植え込んで来週の地植えに備えます。

>毎日なら煩い
まだ朝方だけなので我慢できますが
カッコウは一日中鳴いているので嫌気が差します。
今日はあまりの暑さ故か両方とも静かですね。
Posted by アップル at 2015年05月27日 16:37
アップルさん
写真?
バカチョン任せの適当画像です(^^ゞ

食事ですが
我が家は私が3食びっしり食べるのは既に厳しいのですが
旦那ちゃんが11時に朝食を取っても12時には昼食を取りたい人なのよ〜(^^;)
どういうお腹してるんでしょうね?

>大所帯
それ、ちょっと恐ろしい・・・
本格的な暑さの前に何とか宜しくお願いします<(_ _)> (笑)

今日の夕方、やたらとカッコーが鳴いてました
これでやっとここでも豆が蒔けます
私は蒔かないけどね(笑)
Posted by alchemilla at 2015年05月27日 23:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック