2017年04月18日

2017 奈良の旅 3

三日目 吉野山・明日香村へ


実はこの旅行のメインは
桜の山で有名な『吉野山で観桜』と考えていました

吉野山の桜の見所スポットとして
『下千本・中千本・上千本・奥千本』があるそうで
例年で言うと
丁度、下千本あたりが満開を迎える頃に行く事になりそうでしたが
この時期の人出は物凄い事になるとの事で
開花の期間中は車の規制があるそうで
山にはマイクロバスが人を運んでくれるそうなのですが
今年は桜の開花がとっても遅くて
最初の週末のマイクロバスの運行が取りやめになったそうなのです(^^;)

いや、この分なら私たちが行く時も
桜は期待できないかしら?
でも北海道と違って気温が上がり始めると
一気に開花が進んで行く本州の桜
旅行中の予想気温も高めだし・・・どうしよう

吉野山に行くことにして桜が見られなかった場合
公共交通機関で行ったとしたら
丸一日が台無しになりそうね・・・

ならば桜が咲けば渋滞必至の車を移動手段にする?

など諸々考えてレンタカーの予約をしておきました



で、普通に出発したら渋滞に巻き込まれそうなので
早朝の出発です🚗


まだ夜も明けきらぬ4時半始動❗
が、外はしっかりとした雨☔

ホテルのビルトインの駐車場なのでこんな雨降りでもぬれずに車に乗り込み
近くのコンビニでコーヒーや朝食になりそうなものを買いこんで走りだしました💨


大阪の道路の白線、見えない
車のライトが暗いのか?
いや、消えすぎです💦
道路のどこを走っているのか?
一瞬分からなくなる所いっぱいでしたが
時間帯が時間帯だけに全然問題なかったですけどね


で、やはり連日の運動量とこの早朝出発
その上ザーザー降りのこの空模様が眠気を誘います

なので途中の道の駅(河南)で朝食を車中で頂いたりで1時間程小休止


出発し始めた頃から雨も小雨になり
ナビ様の進める通りに走っていると
7時前には吉野山に入って行くことが出来ました🎵

駐車場と思われる場所に人が居たので
ここに停めてもいいのですか?と尋ねたのですが
「ほら、9時から歩行者天国になるから」と
答えになっていない答えが返って来たのと
見るからに辺りに桜は咲いていない💥💦

と言う事で
ここで車を停めて散策するのは上策なのか?と考え
取りあえず、
『今日は9時から歩行者天国で車が通れなくなるらしい』
と言う事だけは理解したので

ならば、
時間がないのでとっとと車で山の上まで行ってみようと言う事になり
車がすれ違うの難しい道をズズッと奥まで上って行きました



「あぁ〜これが世界遺産になってる金峯山寺・蔵王堂ね〜」とか
「ここが後醍醐天皇の仮の宮であり、秀吉のお花見の本陣にも使われた吉水神社なのね〜」とか
思いながら通り過ぎて奥千本エリアの展望台下のに到着しました

そこからの眺めです

b20170418-1.JPG


日本一の桜の名所と言われる場所で
桜、全く見えませんが⤵
なんか、素敵な場所✨
日本と言うか、大和を感じる場所のような気がしました


この展望台の横から坂道を登って行くとすぐに
『義経の隠れ塔』なる物があって

b20170418-2.JPG


そこを横目にさらに坂道を上ると
ナント失礼な!
金峯神社に横からススッと入ってしまっていました(^^;

吉野山の地主上をお祀りしている神社なので
山に入らせていただくご挨拶をして『西行庵』に向かいました

で、ここまで来たらな行ってみたい『西行庵』
でもね、整備されているとあった物の全部の道が整備されている訳じゃなく
まして雨後のグズグズの道
滅多な事では身の危険を感じない私ですが
足を滑らせて見つけてもらえなくなるんじゃないかと
不安になりながらこの道を歩いて行きました

b20170418-3.JPG


『行って来い』と送り出したものの
旦那ちゃんも探しに行かなきゃならないかもと不安になった頃に
私が戻って来たそうです(笑)


で、西行庵はこんな感じでした

b20170418-4.JPG


お出かけすると色んなところで西行さんの歌に出合うなぁ
本当にアチコチを行脚したんですね、西行さんは


b20170418-5.JPG



で、物凄い速足で歩いて喉カラカラになりながら
旦那ちゃんの元に戻って

桜は咲いていない、
西行庵には行けた、
体も爽やかな疲労感

桜以外に見所はいっぱいあるだろうけれど変な満足感に満たされたので

山を下りよう!
そうそう、それに8時半近くになっていたので
ソロソロ下りなくっちゃ降りられなくなっちゃう!

と思っている所に歩行者天国の案内の放送が聞こえてきました

地元の車の後ろについて走り、
細い道での対向車とのすれ違い方など真似しながら
上る時にはまだ閉まっていたお土産屋さんなどの賑わいを
ゆっくり見ながら降りていけたので
風情があって楽しかったです🎵

ここは神社がお寺へと続く道なので参道でもあり
地元の人たちの生活道でもあるし
お土産屋さんの並ぶ観光道路でもあるのですね

最初に停めようと思っていた駐車場には既に沢山の大型バスや
大勢の観光客が歩いていて
そりゃ、この細い山肌に沿った細い道は
あっという間に人で溢れかえるわね〜

b20170418-6.JPG

b20170418-7.JPG



吉野山を降りたのは8時半過ぎ

さて、こういう事は予想されたので
この後は明日香村へと向かいました

奈良と言えば
日本の歴史から一番遠い場所からやって来た私にとって
古代を連想させる地名であり
京都より古い都 と妄想は膨らむのです💕


で、吉野山で一日観光できなかった時は
明日香村へ行きたいと思っていました

日本一の桜の名所は山なので桜で出迎えてはもらえませんでしたが
明日香村は里だからか?
アチコチ綺麗な桜で迎えてもらえました🎶


最初に向かったのは飛鳥歴史公園館の駐車場ですが
高松塚古墳や公益財団法人運営の高松塚壁画館にとっても近い
畑の中のチョットしたスペースを
無人駐車場にしていると言った感じの駐車場に停め
料金ボックスに100円を入れて壁画館へと向かいました

ホント、明日香村に来るにあたっては
レンタカーを軽自動車にしておいてほんと良かった(笑)
畑の中の道かと思しき道を走る事がいっぱいでしたから


壁画館の中では財団の方が詳しく案内をしてくださって
最初は『これだけ?』と思って入った室内でしたが
興味深いお話をしてくださり質問などをしているうちに
結局1時間位過ごしてしまっていました

全然こう言うものに興味のない旦那ちゃんでさえ
喰いついてましたからね〜(笑)
その後、お勧めのキトラ古墳の説明もしていただけたので
その足でキトラ古墳へと向かいました

平日と言う事もありますが
立派な施設に人もまばらで
もったいないなぁというのが感想です

キトラ古墳はNHKの番組で何度か見ていますし
先ほど説明もしていただいての来館でしたので
こちらもとても楽しめました🎶


高松塚古墳をカビだらけにしてしまった失敗の二の舞にならないように
調査の仕方の工夫やその時の再現した物

b20170418-9.JPG


内部の東西南北に描かれていた

東の青龍

b20170418-10.JPG

西の白虎

b20170418-13.JPG

南の朱雀(盗掘の際南の壁を壊されていたが奇跡的に残っていた)

b20170418-11.JPG

北の玄武

b20170418-12.JPG

そして天井に描かれていた日本ではない
たぶん中国の古い時代の天文図

b20170418-14.JPG



この施設には古墳の中を体感できるような空間が造られていて
多分人はいなくてもモニターはあるだろうと思いながら
人が居なかったので
最初は座って見上げていたのですが
寝っ転がって見上げてみました(笑)オバちゃんです(^^ゞ

ここにはミニシアターもあり
時間になると放映がされていましたが
チョット疲れていたので
1本目、あまり興味のない内容だったので
途中で爆睡していた夫婦でした(^^ゞ
見たかった内容の2本目はちゃんと見ましたよ
少し寝てスッキリしたしね(笑)


その後、埋め戻されたキトラ古墳へと足を運びました
小さな古墳でした

b20170418-8.JPG



その後は蘇我馬子の発願によりできた日本で最初の寺院の『飛鳥寺』へと向かいました


b20170418-15.JPG

多分お寺さんとは関係のない隣の駐車場に車を停め
お寺に入って日本最古の大仏様である飛鳥大仏の前に進むと
お寺の方が丁寧に説明してくださいました

ここは写真を撮っても良いとのことでした

b20170418-16.JPG


日本で最初の仏様と言う事も有って
時代が進んだ仏様のお顔とチョット違って見えますね

右から見ると少し厳しいお顔、
左から見ると少し優しいお顔に見えるとの事でした


今では小さなお寺の飛鳥寺ですが
創建当初は超有力豪族だった蘇我氏のお寺ですから
五重塔を中心に3つの金堂と回廊に囲まれた珍しい配置ですが
壮大な伽藍だった復元図も展示されていました

b20170418-17.JPG


なんと雷で火事になったそうです
今となっては大仏様だけが1400年前から一度も動くこと無く
鎮座していらっしゃるのだそうです

あとは火災でも消失してしまわない瓦が残っていました

b20170418-18.JPG

4月8日の直前だった事も有り
お寺には沢山の御奉公の方たちが支度をしていました

b20170418-19.JPG


入って来た表の門の他にもう一つ門があり

b20170418-20.JPG

そこを出て畑の中を少し進むと
このお寺を造った馬子の孫の入鹿の首塚がありました

b20170418-21.JPG


ここはこんな風に色々な歴史が
身近に融け込んでいるんだなぁと羨ましく思いましたねぇ


飛鳥寺を後にして
次は日本で最初の厄除け霊場の岡寺へ向かいました

岡寺の本当の駐車場を探すのにチョット迷いましたが
本当に軽自動車で良かった!と思う道を通って
岡寺の駐車場(無料)に車を止め中に入りました

b20170418-22.JPG


雨が少しパラつき始めましたが
ここのお寺さんはついた時から
何となく清々しく気持ちの良いここちになり
笑顔で迎えてもらった気持ちになりました✨

b20170418-23.JPG

因みに旦那ちゃんもやっぱり同じような気持になったみたいです
京都の建仁寺の入った時も同じような感じがしたのを思い出しました🎶


ここは奈良時代に作られた仏様がいらっしゃり
土で造られた仏様としては日本最大の仏様だそうです

建物は江戸時代のもののようですが
本堂や鐘楼堂もなんとなくカッコいい作りでした

b20170418-24.JPG

あ、飛鳥寺でも撞いて来たんですが
ここでも厄除けにと鐘を撞いてきました(´艸`*)


三重塔は514年ぶりにさ建されたそうで
まだ新しい塔でした

b20170418-25.JPG


この日も良く歩きました
でも私は明日香村で一番訪ねたい場所がまだあるのです
そこに行きたいがための明日香村でした


そこは飛鳥宮跡です

b20170418-26.JPG


この石敷きの広場や礎石跡や井戸の跡しかないこの場所ですが
ここは紛れもなく古代の宮殿で有った場所であり
乙巳の変(大化の改新)の原因となった入鹿暗殺の場所💡
ここから先ほど訪れた飛鳥寺まで首が飛んで行ったというのですから💦

たまに観光客が来ても雨が降って居ると言う事も有り
車から降りるでもなく通り過ぎていきますが

ここにきてこの場所に立たなくてどうする!

勿論旦那ちゃんは車の中ですが
私は一人、古代の宮中へと妄想しながらウロウロです(笑)

そう、
私にとってここに立つことは京都の御所を見学する事と等しいのです

雨も降って来たし、疲れたし
夕方の渋滞に巻き込まれる前にレンタカーを返却しようと帰路につきました


本当はちょっと寄り道して平城宮跡も見てみたかったのですが
知らない土地の渋滞の流れが読めなかったので諦めました

レンタカーを返却して
この日は大阪らしい賑やかな場所に出かけてみました

わっ
映画に出てくる近未来の雑然とした場所っぽいなと思ったら
偶然クリーンに
『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』の映画のCMが映っていて
なんてこの場所にピッタリなんだろうと思いました

b20170418-27.JPG


そしてこのお祭りのような人混みをソコソコ楽しんで
大阪の食のミッションの内のたこ焼きを食べ
夕食も済ませて帰りました

この日も良く歩きました⤴

posted by alchemilla at 00:00| Comment(2) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおお 日本史の教科書 ふりだしに戻る。。。ですね〜(;^ω^)
そういうところに興味があったってのが 新鮮情報です♪
やっぱ奈良は京都とは違って 人がのんびりしてるイメージだし、商売っ気無い感じだし、
なので 有名名所いっぱいあるのに 観光客は奈良に泊まらないらしいです(笑)
吉野の桜も TVで見るだけで 行った事ないですが
そんなことになってるんですね〜(◎_◎;)
言われてみれば 長野の高遠城址公園の桜の時期も 近くのインター降りたはいいが、
大渋滞で 城址公園に着いた時には夕方だったって話聞いたことあるんで、
桜 咲いてない時期でよかったのかも です。
いやしかし お疲れ様でした(*´ω`*) 
北海道の道の良さ またまた実感したんじゃないですか〜♪
Posted by 0-chan at 2017年04月19日 23:08
0-chan
興味有り有りです!歴女ではないけどね
多分マンガ、「日出処の天子」の影響ですね
で、偶然にも今夜NHKで蘇我氏滅亡はなぜ?的な番組をやっていて
旦那ちゃんとチョット前に行ったところの映像を見て
「おぉ〜〜♪」って喰いついてみてました(笑)
でも今回は奈良に泊まりたかったわ〜
ずっと体がらくだったろうなぁ〜
でも夜の大阪はそれなりに楽しかったんだけどね(^_-)-☆
Posted by alchemilla at 2017年04月21日 03:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。