2016年12月19日

小春日和

昨日と今日は最高気温が5℃以上に戻ったので
暖かく感じました♨

昨日、遅れに遅れていた生ごみたい肥でマルチ
さ〜、やろう❗とおもったら
コンポスターの排出口が凍り付いて開かないの💦
昨日は今日より気温こそ高かったけれど
風がヒュ〜ヒュ〜で全然頑張る気が起きなかったので
早々に家に逃げ込んでしまったのですが
今日は気温が高めが2日目、その上小春日和のポカポカ陽気☀

再びチャレンジ‼

開きました🎵

ミミィ〜がいっぱいで「ヒャァ〜〜〜〜」とか言いながら
キット私の顔はニンマリしていたはず(笑)

下の方の堆肥化したものだけスコップで書き出して
上の生ごみを突き落として
これで冬の間の生ごみを入れるスペースを少しは確保できました(^^)
今度のお休みまで暖かくて土が掘れる状態なら
もう1個のコンポスターを予備に設置してもらいましょう

生ごみたい肥は地植えのバラやリンゴの株元にマルチしておきました
今年の生ごみたい肥はあまり良い感じに出来上がってないなぁ〜💦
何が悪かったかしら??
でもきっと来年の株の生長と土壌改善の手助けにはなってくれるはず
と、信じよう(^^;)

それより、今年は生ごみたい肥はもう出せないかなと思ったけれど
何とか間に合って本当に良かった(*^^*)
本当の意味で間に合ったかどうかは謎だけど
自己満足です(笑)

で、流石にミミィ〜うじゃうじゃの画像はどうかと思うので
玄関ホールのカリシナの画像でも(笑)


b20161219.JPG

今年は11月から寒いので開花がゆっくり目の様です
でも長く楽しめそうで嬉しいです🎶
posted by alchemilla at 18:38| Comment(2) | 土づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月05日

小春日和

昨日と今日は本当に11月?と言う気温で
外でお日様を浴びながら仕事をしていたら
汗だくになってしまいました
夕方久しぶりに出かけた温泉♨
気持ち良かったぁ🎶

昨日は先日伐採した桜の太い部分以外を
ひたすらシュレッダーにかけ粉砕
中位の枝は残して
落ち葉や刈り草や大量に出来たチップを入れるために
井桁に組んで久しぶりに堆肥枠を組んでみました

b20151105-5.JPG

その中にはさっそく桜の落ち葉をかき集め
少しだけ庭土をパラパラ

b20151105-6.JPG

コンポストは色んな作り方があるけれど
私はほぼ積んどくだけって感じですね
当初色々と混ぜたり踏んだりとか切り替えしたりとかしたけれど
どうも出来上がりがイマイチ好きじゃない感じになる気がして・・・
ならばズボラな性格も後押しして
時間がかかっても積んどくだけで上等な腐葉土が出来るなら
積んどくだけで済ましてしまってます😃

どっちかって言うと
落ち葉や草取りした草や刈り取った宿根草の処分先
って言う所で
ラッキーにもおまけに腐葉土が出来る⤴🎵って感じです

桜の葉は堆肥化しにくいのでチョットだけ土を入れてみました
まぁ〜これから冬になるので堆肥化なんか
春になるまで進まないんですけどね💦


b20151105-4.JPG

こんな風に色づいた桜の落ち葉が
地面を彩る事はしばらくないだろうな〜と思いつつ
掃き集めました

今年はヤマボウシの紅葉もイマイチどころかイマジュウって感じだったし
白樺も黄葉する前に落ちちゃったので
彩の寂しい秋でしたが
今のお庭の紅葉スポットが一か所だけありました(笑)

b20151105-3.JPG

意外にシデコブシの黄葉が綺麗でした

この暖かさで頑張ってくれているのが
昨年のこぼれ種からのナスターチウム

b20151105-1.JPG

そしてアップルさんから今年頂いたミセバヤが
綺麗に紅葉しています

b20151105-2.JPG


さて、明日は大型の宿根草を刈り込んで
シュレッダーで粉砕してしまいたいな〜
それからイヨイヨバラの葉毟りだわね
この暖気の戻りもソロソロ終わりだろうから
もう勘違いして葉が展開してくる心配もないだろうし
オーダーしておいた石灰硫黄合剤も明日辺り届きそうだしね

週明け寒くなる前に
雨が降る前にがんばろう〜



タグ:堆肥枠
posted by alchemilla at 23:13| Comment(6) | TrackBack(0) | 土づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月18日

忘れていても

まだ10月の半ばだと言うのに小春日和と言うような感じがする
兎に角今日は終日良いお天気晴れ
お庭の植物もお日様を浴びてキラキラして見えるぴかぴか(新しい)

南側から見ると

b20141018-6.JPG

『もっと光を!』で、こんな感じのユーフォルビア ミルシニテスも
室内から見ると鱗チックで
龍が這い上がっているように見えなくもない

b20141018-1.JPG

逆光で今一番綺麗に見えるのがチラチラ系の穂が美しいミューレンベルギア カピラリス

b20141018-2.JPG

このチラチラ系の画像の後に
次もチラチラ?なんじゃこりゃ?

b20141018-3.JPG

実はシュレッダーした草や剪定枝を野積みしていたもの
場所さえあれば野積みが一番良いように思う

b20141018-4.JPG

表面はチップのようですが
チョットめくるとすっかり土となってます
上等な腐葉土です
忘れていても時間と虫や微生物たちがキッチリ仕上げをしてくれます揺れるハート

もう雑草の芽が発芽しています
こうなったらすっかりこなれているので
安心して使うことが出来ます手(チョキ)

b20141018-5.JPG

しかし、
このカテゴリーは5年以上放置してたのねたらーっ(汗)





posted by alchemilla at 19:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 土づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

生ゴミ堆肥

今、昨日の雪がすっかり融けきらず
まだらな状態のお庭。
でも今朝には相当の量が積もっていた雪が半日でかなり解けた。
明日の雨で綺麗に消えてなくなってしまうだろう。
その雨がまだまだ地表から少し下は凍り付いている地面を徐々に溶かしてもくれる(^^)

この雪の降る前、生ゴミ堆肥の様子をチェックしてみた。
コンポスターの下のポケットを開けてスコップを入れて少し出してみると
地面からポケットの高さ位までは生ゴミは卵の殻以外はスッカリ堆肥化されている。

生ゴミ堆肥090312-1

恐ろしいほどミミズがウヨウヨ(;^^A 

b0090312-2.JPG

生ゴミ堆肥化のミッション、ご苦労様です。


元肥を入れる時にこの堆肥はミミィごと一緒にすき込む事にしましょ♪
タグ:生ゴミ堆肥
posted by alchemilla at 14:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 土づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

生ごみ堆肥をすき込む

春に「この花壇に手を入れれよう!」と思い立ってから
未だにどうしようかと決められずにいるので
昨日の夕方はいっそ土のお手入れをしよう!と生ごみ堆肥をすき込んだ。
使った生ごみ堆肥は一昨年出た生ごみを
昨年一度別のコンポスターに移動させたもの。
ほとんど生ごみの形は残っていない。

コンポスト081001

タマゴの殻やメロンの網目が少し残っている程度。
なんぼタマゴを食べてるんじゃ!って感じ(笑)

昨年、この生ごみ堆肥をこのコンポスターに移動した時は
そりゃ〜ミミズがウジャウジャの
ちょっと凄い事になってたモンでしたが
今は普通に庭を掘った時くらいのミミズの数。
このミミズごと一輪車に取り出して花壇に広げてすき込む。

PICT9201.JPG


この生ごみ堆肥は直ぐに何かを植えつけても全然問題な位こなれているので
近々にアイディアがまとまったら植え付けを済ませてしまいたいのだが
多分来年までこのままって事になりそうだなぁ(^^ゞ

この作業中、今回ははっきり見てしまった。
目の前を飛ぶ真っ白の雪虫を(;^^A 
雪虫、現れると初雪が間近なんだよね〜
タグ:生ごみ堆肥
posted by alchemilla at 14:20| Comment(8) | TrackBack(0) | 土づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

ガーデンシュレッダー

剪定で掃った枝はガーデンシュレッダーで粉砕。

PICT6616.JPG

粉砕した物は庭の目立たぬ所に作った囲いに積んでおく。

PICT6619.JPG

こうしておくだけでゆっくりだけど
確実に土に返ってくれる♪
posted by alchemilla at 19:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 土づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

マルチ

この時期には毎年庭に植えている株元に
牛糞と腐葉土をミックスしたものでマルチをするのだが
動物性の堆肥より植物性の堆肥だけで試してみたくて
牛糞に代わって昨年から取り入れた物がある。

メデルと言う会社の『ゆうきくん』

PICT4485.JPG

昨年はコレをまず3袋使ってみた。
ナカナカ良い感じだったので、
今年はコレだけでマルチをする予定だ。

ずっと以前にキノコの堆肥は良いらしいと聞いた事があったので
昨年見つけたときは嬉しかった。
これでお庭のお花達に勢いを付けられると良いが。

ちなみにこの会社の関係者ではありません^^;

この会社、支払いを郵便局に出向かなくてはいけないのが面倒なのよね〜
ネットで支払いが出来るようにしてくれたら楽なんだけどなぁ。
posted by alchemilla at 11:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 土づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

バナナ

我が家では2つの理由から毎日バナナを食べている。
特に私には無くてはならないフルーツ。
これを頂くのと頂かないのでは結果が大いに変わってくるのだ^^;

PICT3416.JPGもう一つの理由は
無くてはならないと言う訳ではないが
バラにとって、非常に有益な肥料となる。
バナナの皮はリン・カリが豊富なのだ。
特にカリ分がとても豊富なのである。
カリ分は流亡しがちな肥料分らしい。
毎日出るバナナの皮の大部分はコンポスターに入れているが
カリ分が不足すると病気になりやすいというバラのため、
そして発色がとても良くなるので
気が向いたらバラの根元に埋めている。
埋めずにマルチにしても良いらしいが。

即効性は無いがゴミにしてしまうより
堆肥や肥料にすると精神的にも気持ちが良い。

とは言ってもこの時期、
バナナの皮を土に埋めてもバラの根に吸収される事は無いだろう。
多分この皮は土壌への有機物の補充という事になるのかな。
そろそろ直接土に埋めるのは終わりにしなくては。
ばらのカリ肥料としては即効性の化成肥料を与えて
冬に向けてシュートを充実させなくてはいけない。
バラの肥料としての今シーズンの役目は終わりだが
私は毎日とりあえずバナナ!

posted by alchemilla at 23:41| Comment(6) | TrackBack(0) | 土づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

生ゴミ堆肥

今から登場する写真は少しグロと言えばグロかも。
が、庭仕事や畑仕事をする人には「神様」が写っている。
そう、「ミミズ」だ。

私は生ゴミ堆肥を信仰している^^;

我が家の庭の土は購入した時は最低だった。
何かを植えるときには必ず堆肥と腐葉土を混ぜてからお花を植えていたが
それでも一年草ならその年位は何とか咲いてるが
宿根草はなんとなく年々調子が悪くなり消えることが多かった。
「土の問題」だろうと気づき、
年々植物より土壌改良材に多くのお金を使うようになった。
特にバラを植えるようになってからはより強く土に関心を持つようになった。

色々ないきさつを経て庭仕事において『生ゴミ堆肥』は私の信仰の対象となる(爆)

現在コンポスター2つで何とかやりくりしている。
本当は3つ有るとかなり楽になるのだが3つ目を設置するスペースが無いのだ。

勝手口近くに大き目のコンポスターがある。
コレは下に取り出し口があるもので出来たものは順次使用している。
初冬、残ったレアな生ゴミを二つ目の小さな方のコンポスターに移動する。
コレは生ゴミの天地返しにもなって良いのだ。
が、移動する時に中にいる物凄い数のミミズがグロいのだ(>_<)

ミミズは土の神様だ。
だが、そう思うようになったのは庭仕事をするようになってから。
ニュルニュルニョロニョロ系が大の苦手な私は今も触ったりは出来ない。
「ひゃ〜」とか「ひぇ〜」とか変な声を出しながらの移動だ。

昨年の初冬、そのレアな生ゴミだった物がこれ。

生ゴミ堆肥2.JPG  生ゴミ堆肥1.JPG

今もミミズは沢山いる。
この生ゴミ堆肥をバラの嫌地対策として使用する。
本当に嫌地対策になるかは謎だが
なんと言っても私の信仰の対象だ。
信じる物は救われるはずだ。
posted by alchemilla at 10:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 土づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

カニ

カニは私の大好物だ。
子供の頃から本当に好きだ。

北海道で毛蟹は獲れる場所ごとにシーズンが有るようだ。
今はオホーツク方面の毛蟹の時期。
先ほど食べた毛蟹は小振りだが一杯で満腹の身入りだった。
みそも甘くて美味しかった♪

カニは何処で食べても嬉しいが
私は自宅で食べるカニが最も嬉しい。
なぜって?
それはカニ殻が手に入るからだ。

         カニ殻.JPG

カニやエビなど甲殻類は生ゴミ堆肥のとても良い材料だ。
コンポストの発酵の温度を上げてくれる材料でもあるようだ。
キトサンなどが含まれているのも嬉しい。

カニは食べてる時も食べた後もオイシイのだ。
posted by alchemilla at 20:52| Comment(5) | TrackBack(0) | 土づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする