2017年04月20日

2017 奈良の旅 4

四日目 斑鳩へ

正直四日目は何も予定を立てていなかったのだけど
『明日香』や『飛鳥』って音に惹かれるのと同じ様に
奈良と言えば『斑鳩』って音にもロマンを感じていて

斑鳩と言えば法隆寺!
聖徳太子、ゆかりのお寺さんです


電車に乗って『法隆寺』の駅に降り立ちました

で、この日のことは
『明日どうする?』みたいな感じで決めたので
全然思いつきの行動でしたので
駅の改札を出てから見つけた観光案内みたいな所で
法隆寺へのアクセスと
その後、薬師寺や唐招提寺に行くとしたら?と尋ねてみたら
マップに印をつけて丁寧に教えて頂けました


教えて頂いたようにバスに乗ったらあっという間に法隆寺に到着です


法隆寺を出た後に失敗したなと思った事、
沢山の方がガイドの案内を受けて観光されていたのを見かけたのですが
この斑鳩には無料のガイドさんがいらしたと言う事を
帰りのバスの車窓で見た案内で知ったのでした💦

高松塚古墳での体験でも
自分の知っている事だけで展示されている資料を見る面白さと
説明を受けての体験では楽しさは雲泥の差です

う〜ん、大失敗だったね⤵
と、旦那ちゃんと二人ガッカリしちゃいました


とは言っても『法隆寺』は優美なお寺さんでした✨

続きを読む
posted by alchemilla at 00:00| Comment(2) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

2017 奈良の旅 3

三日目 吉野山・明日香村へ


実はこの旅行のメインは
桜の山で有名な『吉野山で観桜』と考えていました

吉野山の桜の見所スポットとして
『下千本・中千本・上千本・奥千本』があるそうで
例年で言うと
丁度、下千本あたりが満開を迎える頃に行く事になりそうでしたが
この時期の人出は物凄い事になるとの事で
開花の期間中は車の規制があるそうで
山にはマイクロバスが人を運んでくれるそうなのですが
今年は桜の開花がとっても遅くて
最初の週末のマイクロバスの運行が取りやめになったそうなのです(^^;)

いや、この分なら私たちが行く時も
桜は期待できないかしら?
でも北海道と違って気温が上がり始めると
一気に開花が進んで行く本州の桜
旅行中の予想気温も高めだし・・・どうしよう

吉野山に行くことにして桜が見られなかった場合
公共交通機関で行ったとしたら
丸一日が台無しになりそうね・・・

ならば桜が咲けば渋滞必至の車を移動手段にする?

など諸々考えてレンタカーの予約をしておきました


続きを読む
posted by alchemilla at 00:00| Comment(2) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

2017 奈良の旅 2

二日目 奈良へ

この旅行は高校の時に行った修学旅行の様な行程でした

当時は全然興味がなかったのが勿体ないと今は思いますけどね
キット年齢が進むと神様や仏様を身近に感じるようになって
会いに行きたくなるんでしょうね〜(笑)

この日の朝はホテルで朝食の取れる時間になった所で
急いで済ませて通勤ラッシュの電車に乗り込みました

お仕事の人の中に観光客が入り込む後ろめたさを感じつつも
躊躇する旦那ちゃんをしり目に電車に入り込みましたとも(笑)

2駅も過ぎると異常な状態は過ぎて
『混んでるな〜』な感じになり
5駅を過ぎると平然と座れるようになり
後は乗り換え後ものんびり電車に揺られて行きました


続きを読む
posted by alchemilla at 23:55| Comment(2) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017 奈良の旅 1

1日目 宇治へ

今年は珍しく結婚記念日にお休みが取れた旦那ちゃん♪
それならば、どこかへ行こう!と
急遽お出かけの準備を始めたのが出発一週間ほど前(^^;)
私も、出席しなくちゃならない会議などの日を外し
急いでアレコレ当たってみるけれど
ドンドン消えていくホテルの空室や飛行機のチケット
チケットの取れる日に出かける事になりました(笑)

京都に行きたいなぁ〜と思っていたけれど
京都のホテルは取れず
旅行の行程も具体的にどこと決めていなかったので
フレキシブルに動けそうな大阪梅田にホテルを取ってみました

取ってはみたものの
次第に行ってみたくなったのは奈良

って事で、なかなか毎日が強行スケジュールとなりました(笑)


初日、一日を有効に使いたいので早い便での出発♪
それに伴い勿論漏れなく早起きがついてきます(^^;
お寝坊さん夫婦なので、これが辛い(笑)

続きを読む
posted by alchemilla at 19:04| Comment(2) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

お花見

ここしばらくはGWが胆振地方の桜の時期となっているけれど
四半世紀も前はGWにはまだ桜は開花に至らず
ツツジしか咲いて居ないのが普通だったのに
温暖化なのねぇ〜💦
でもGWにお花見が出来るなんて
良い季節を満喫出来て幸せです(*^^*)

今日は午前中は割と強い雨が降って居ましたが
お昼前から雨は上がり午後は良いお天気に☀

近場でお花見してきました✨

b20160507-1.JPG


お庭の桜を切ってしまったので
チョット車を走らせて桜並木まで出かけてみました

b20160507-2.JPG

沢山の家族連れが遊歩道を歩いて居ました
ベビーカーを押しながらの若いご夫妻もノンビリお散歩
桜の香りがフワッと漂って良い気分です💕

b20160507-3.JPG


よい週末の一日です
タグ:お花見
posted by alchemilla at 16:09| Comment(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

そらのガーデン

昨日は以前から出かけてみたかった
札幌のエスタのビルの屋上にある
『そらのガーデン』に出かけてきました

途中の羊蹄山は山頂に薄っすらと雪化粧姿で
いかにも『蝦夷富士』でした(^^)

b20151002-1.JPG


只今青空ではあるけれど大風台風が吹いていますが
昨日は日暮れまでは
うす曇りでちょっと風が強いかな?位の感じだったので
グラスメインのガーデンは色々な穂先が揺らいでいて
想像より小さなお庭でしたが
本当に気持ちの良い空間でした

b20151002-2.JPG

b20151002-8.JPG

b20151002-3.JPG

b20151002-4.JPG

b20151002-5.JPG

b20151002-6.JPG

b20151002-7.JPG


グラス以外のお花は終わった感じの物もあるし
調子もイマイチと言った感じでしたが
グラスの様子は美しかったですね〜ぴかぴか(新しい)

ビルの11階と言う場所がら
風も常に吹いているしうす曇りなので
長くいると肌寒い感じがしないでも無いですが
ホントに気持ちの良い空間で
ホットコーヒーを持ち込んでいたので
かなり長い時間リラックスして過ごしてしまいました(*^-^*)

ボ〜〜〜〜〜〜ォっとしながら

そうね〜〜〜
ウチのお庭もこんなのがよいのかもね〜
そう言えば
昨年訪れたミオンでも
私随分リラックスして長い時間をすごしてたなぁ〜〜〜

などと思って考えてみると

グラスガーデンなら
大がかりな庭土の改良とか客土とかしなくても
何とかできるのかもね〜

土質が悪いから改良する事ばかり考えていたけれど
今の土質で育つ物を考えてみようかな

と思ってお庭を後にしたのでした

2時間ほどの用事のある車に便乗でやって来た札幌
このビルの地下でこの日のおやつ
六花亭のどら焼きのみのお買い物で帰宅でした

b20151002-9.JPG
袋にも植物が印刷されていて可愛いわ

が、そう言えば六花亭の札幌本店が出来てたのを忘れてました
チョット出かけてみれば良かったなぁ(^^;)


お庭の植物の構成
気候に合わせることは考えていたけれど
土質は植物に合わせる事ばかり考えていたわね

ローメンテナンスの庭づくりには大切な事かも


それにしてもこの大風はいつ止むのかしらあせあせ(飛び散る汗)
さっき2度ほどの停電も起きたし
窓から見ると地植えのバラも庭木も被害出てるっぽいもうやだ〜(悲しい顔)

明日お庭に出るのが怖いぃ〜〜たらーっ(汗)
posted by alchemilla at 15:41| Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

2015 ガーデン巡り 4

鹿教湯温泉 松本

温泉の朝の目覚めは早い
なぜでしょうね〜??
眠れない夜でも眠れた夜でもとにかく温泉での目覚めは早い
きっと朝の温泉に入らなくっちゃ
って言う気持ちが寝坊助の私を目覚めさせるのでしょうね

到着してすぐに入った道路向かいの別館のお風呂は撮ってませんが
宿泊した施設の温泉3つの様子です

夜に入った露天風呂

b20150527-2.JPG

女性専用時間に入ろうとして浴室の扉を開けたら
男性が頭を洗っていた展望風呂 

b20150527-4.JPG

朝、洗顔がてら入った女性専用内風呂

b20150527-5.JPG

所謂、旅館の朝食らしい朝食

b20150527-1.JPG

因みに夕食はこんな感じでした

b20150527-8.JPG

古い旅館ではあったけど良い温泉と
和室なので広々使えてお布団も自分たちで敷く事をチョイスすることが出来て
食事も別室の個室で頂くことが出来て落ち着いたし
非常に北海道弁で言う「あずましく」過ごすことが出来ました(^^)
暑がりの0-chanも涼しく眠れたって言うし
案外新しい施設で気密性がバッチリだったら暑苦しかったかもね〜
お布団3枚川の字に並べてダラダラとストレッチしながらのおしゃべりは
女子中学生っチックで楽しかったでするんるん

河鹿温泉と言うだけあって河鹿かえるの声を初めて聞いて
これがそうなのね〜と認識できました

旅館の外の様子

b20150527-7.JPG

b20150527-6.JPG

山間の川沿いの温泉って感じですね

この後は昨日和久井さんに教えていただいたつつじ園に向かう事にしました
つつじ園については、流石アップルさん
宿に到着してからここの観光協会だったかな?
そちらに場所の確認と誰でも入れるのかの確認をしていました
説明していただいた方向が逆方向からだったのか?
同じツツジ科ではあるけれど
最初間違ってブルーベリーを作っている所に入ってしまいましたようで
近くで作業していた方に尋ねたら親切に教えてくれました

里山セラピー公園のマレットゴルフ場に併設されたようにつつじが植えられていました

b20150527-13.JPG


教えてくれた方が言っていたようにタイミング的には少し遅かったようですが
ちょっと変わったつつじを見ることが出来ましたよ

b20150527-9.JPG

b20150527-10.JPG

日陰の道は虫が苦手な私はちょっと怖かったですが
日向の道は良い木漏れ日の中、フィトンチッドいっぱい吸い込んできました

b20150527-11.JPG

b20150527-12.JPG


翌日の予定が入っているアップルさんとはここでお別れとなりました。
本当にお世話になりましたm(__)m
楽しい時間をありがとう〜るんるん

この後は0-chanと松本市内でリクエストしていた場所に連れて行ってもらいました

昨年の松本も暑かったけれどこの日の松本も暑かったわ〜
やはり盆地ですねあせあせ(飛び散る汗)

目指すお店にススっと連れて行ってくれました

一度訪ねてみたかった松本の竹細工のお店
柏善 上原善平商店です

b20150527-14.JPG

中はカゴだらけ(笑)
日本で作られたしっかりしたものばかり
お店の方は自信をもって薦めていました
でも作り手さんが少なくなって来て「有るだけになるかも」なんて物もあるそうですたらーっ(汗)

ガーデントラッグとか結構なお値段でガーデニングショップで見かけますが
竹かごは軽くて丈夫なので以前から欲しかったのですが
コチラにやって来る竹細工フェアなんて見に行ったら
手の出ないお値段で出ていたりするのでもうやだ〜(悲しい顔)
この機会に手に入れられたらなぁと思っていたのでした
アレもコレもと思うけれど持ち帰る事を思うと・・・・
重ねられない形がネックとなり今回はこれ一点

b20150527-30.JPG

中のデザートカップは萌木の村で買った物
和久井さん宅で出して頂いたものに似ていて嬉しかったのでした(笑)

その後チョットおしゃれなカフェで一休み
cafe&select amijokさんです

b20150527-15.JPG

b20150527-16.JPG

b20150527-17.JPG

私はチョコバナナ&クリームチーズマフィンとアイスコーヒー

b20150527-19.JPG

b20150527-18.JPG

0-chanは宇治抹茶ホワイトチョコレートマフィンとアイスコーヒーを

b20150527-20.JPG

若い人の感性が作る素敵な空間、とても落ち着きました
偶然にもオーナーの奥さんと0-chanのお知り合いとお知り合いだったみたいで
お二人のお話が弾んでました(^^)

チョットほっこりしてから3度目の0-chan宅へ 車(RV)

相変わらずのヘアピンカーブを幾つも曲がりながら
最初の時よりずっと早く到着と感じた0-chanちへの道

今年のお庭の様子など見せても頂きました
去年に負けず劣らずなボリュームのお庭とスッキリとした畑
シーズンが始まるギリギリまで室内で忙しくミシンをかけていたのに
良くここまで持ってこれたな〜と本当に感心しちゃいます

b20150527-21.JPG

b20150527-22.JPG

b20150527-23.JPG

b20150527-24.JPG


そしてご主人が戻って来られてから新しい敷地のお宅など案内していただいて
あら、ビックリひらめき
本当に儲けものの物件でしたね〜手(チョキ)
我が家よりよっぽどしっかりあせあせ(飛び散る汗)した作りですわ
中は昭和レトロな内装ですが私たちには子供の頃を思い起こさせる
ノスタルジックな感じではないかしら

日当たりが良くなってポタジェ計画も進みそうだし
木漏れ日のコーナーも出来そうだし
今までとはちょっと違った0-chanのお庭のスタイルを楽しめそうで
これからの様子を楽しみに待ってますよ〜

さて、お夕食ですが
お初体験グッド(上向き矢印)ラクレットです

b20150527-25.JPG

専用ヒーターが有るのって凄いよね〜(笑)

0-chanはラクレットチーズだけだと濃厚過ぎる気がするので
カチョカヴァロと半分ずつがお勧めだとの事です

b20150527-26.JPG

b20150527-27.JPG

連日ご馳走三昧ですなぁ〜
食事の後0-chanのお友達からという小物もお土産に頂きました

b20150527-28.JPG

楽しかったわ〜
今回はこれから手を入れて行くアップルさんと0-chanのガーデンの事
人様のお庭なのに勝手の色々と妄想する材料が出来て
ワクワクして帰ってきました

最後にチョビに2階から「またね」とご挨拶

b20150527-29.JPG

次はいつ会えるかしらね〜

アップルさん、sirokumaさん
0-chan、ご主人さま
本当にお世話になりました
北海道にも又遊びに来てね〜〜手(パー)

長々とお付き合いを頂き、ありがとうございました

 







posted by alchemilla at 12:40| Comment(8) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

2015 ガーデン巡り 3

小諸エリア

昨日の朝とは違って
キジの縄張りの主張の声で目覚めた朝でした
前夜、たっぷりの雨が降っていて
その雨の音に眠りに誘われて人様のお宅でもグッスリだった私眠い(睡眠)

昨夜のディナーがまだお腹に残っている感じだったので
軽く朝食を済ませてから
土日のみのオープンガーデンだけど
かねてからお付き合いのあるアップルご夫妻が
平日だけどお邪魔したいとお願いしておいてくれた
小諸の和久井ガーデンさんに向う事に 車(セダン)

私たちの間では前日お邪魔する予定をしていた八ヶ岳倶楽部、
前日は真吾さんのお別れ会が行われていたので
お邪魔するのはやめる事にしたので
この日、八ヶ岳倶楽部の立ち寄って行くことにしました

まだオープンの少し前だったけれど
スタッフの了解を得てお庭に入らせてもらいました

朝霧の立ち込めた林の中は
幻想的で素敵でしたよ〜
ファンが多いのもうなずけますね

b20150526-1.JPG

b20150526-2.JPG

b20150526-3.JPG

b20150526-4.JPG

b20150526-5.JPG

b20150526-6.JPG

b20150526-7.JPG

木道をグルッと歩いて
本当に自然のようでいてよく手入れされているのが分かります
自然の林ってこんなに美しい訳無い物ね〜
鬱陶しさが少しも無く新緑が本当に美しかったわ〜ぴかぴか(新しい)

歩いているうちにオープンの時間が過ぎて居たようで
お客さんも少しずつ増えていて
ショップはまだでしたがカフェで朝食を取っている人たちもチラホラ

b20150526-8.JPG

b20150526-10.JPG


昨日はここでお別れしたんですね

b20150526-9.JPG

写真にご冥福をお祈りして八ヶ岳倶楽部を後にしました


続いて小諸方面に走りカーナビの案内で和久井ガーデンに向かいましたが
すぐ近くまで行ってからナビが細い道を案内するので
アップルさんと二人冷や冷やしながらの道を通って行ったのですが
ダメ!!!
ヤッパリここはナビを無視してアップルさんの記憶の通り
大きな道を走りましょう!と
一度大きな道まで戻ってやり直し(笑)
こう言うのが和久井ガーデンさんと一緒に忘れられない思い出になるのよね〜わーい(嬉しい顔)

ほら、ナビを無視したら案内板が見えてきた(笑)
たどって行くとお庭入り口に到着

b20150526-11.JPG


ヤッパリ本日はお休みなのね
申し訳ありません

b20150526-12.JPG


パーキングに車を止めると和久井さんが作業をされていて
ご挨拶をすると優しい笑顔で迎えてくださいました
お庭ではモンタナが丁度花盛りでお家や小屋を美しく彩ってました

b20150526-13.JPG

b20150526-19.JPG


モンタナは急に枯れ込む性質で
今年は蕾まで持っていたのに急に一株枯れ込んだと言ってましたが
予備の苗を準備されていたようでした

和久井さんの知人の名前がついたカービングのくまさん(笑)

b20150526-14.JPG


日本ミツバチの巣があって今年は二つ目も入ってくれたそうです

b20150526-15.JPG

日本ミツバチが住み着いてくれるお庭って
ナチュラルな生活を上っ面だけじゃなく
真摯に実践されているのだろうなと思いましたね

b20150526-16.JPG

b20150526-17.JPG

b20150526-18.JPG


奥様も可愛くて素敵な方でこちらのご夫妻もとっても仲がよさそうで揺れるハート
とっても微笑ましい感じのご夫妻でした
美味しいクッキーとアイスコーヒー
そしてお米入りのアイスクリームをご馳走してくださいました
画像は食べちゃった後です(笑)

b20150526-20.JPG

私ね、ハーブのクッキーってハーブの分量が物凄く大切で
絶妙の分量だなと思ったのは今回ここで頂いたのが初めてでした
チョコのクッキーも美味しかったけれど
ローズマリーのクッキー、お世辞じゃなく本当に美味しかったです

そして目を見張ったのはエスパリエ仕立てのリンゴの立派な事!!

b20150526-24.JPG

この後行く予定の停車場ガーデンでも仕立てられたそうなので
楽しみに行くことにしました

ここも傾斜地の敷地なので
広いスペースが一面に広がっている作りではないけれど
プロの技ですね、物凄く素敵でした

b20150526-21.JPG

b20150526-22.JPG

b20150526-23.JPG

b20150526-25.JPG

お忙しいのに時間を割いていただいて
本当にありがとうございました

続いてすぐ近くの Sam's Gardenさんへ移動する事にしました
こちらはホントに直ぐご近所と言った感じですぐにたどり着きました

b20150526-26.JPG

b20150526-27.JPG

丁度お留守をされていたようですが「OPEN」となってましたので
見学料の300円を箱に入れて中に入らせていただきました

料金箱の前に置いてあったレジメを頂いて読んでみると
お庭は26年かけて作り上げたお庭だそうです
個人のお宅で良くここまで管理されているなと感心しました
特に芝は綺麗でしたね〜
バラは60品種程入っているそうですが
黄木香バラが満開でしたが、この日の主役はモンタナだったと思います

b20150526-28.JPG

b20150526-29.JPG

b20150526-30.JPG

b20150526-31.JPG

b20150526-32.JPG

b20150526-33.JPG

b20150526-34.JPG

先ほど伺った和久井ガーデンさんとは違ったタイプのお庭ですが
先ほどと同じような急な傾斜地を良く管理されているなと
つくづく美しいお庭は情熱と体力が作るものだと思いましたわ〜たらーっ(汗)

予定が盛りだくさんなこの日は
駅前の方に移動して停車場ガーデンを見に行くことにしました

b20150526-38.JPG

b20150526-35.JPG

この停車場ガーデン、NPOが運営している市民ガーデンですが
パブリックなお庭にありがちな
最初は名のあるガーデナーのプランで植栽されても
その後管理しきれず、つまらない植栽に変わって行きがちですが
良く管理されているなと思いました
↑って偉そうですね(^^ゞでもそう言う所多いですよね

b20150526-36.JPG

b20150526-37.JPG

b20150526-39.JPG

b20150526-40.JPG

b20150526-41.JPG

b20150526-42.JPG


最後に悩んでやっぱりショップで小苗を買ってしまいました(^^;)
ほら、思い出にねあせあせ(飛び散る汗)

b20150526-43.JPG

b20150526-44.JPG


この日は暑かったの晴れ
横浜と同じくらい(-_-;)
で、お昼に冷たいお蕎麦を頂いてやっと落ち着いた感じがしました

さて、この後はお楽しみの温泉で0-chanと合流ですいい気分(温泉)
この日に予定が有って一緒に和久井ガーデンさんに行けなかったけれど
見に行けたら、新しい敷地の使い方のヒントがもらえたかもよ〜
なんだか0-chanガーデンと和久井ガーデンには同じ匂いを感じました
こだわりのポイントは全然違うけれど
生活に密着したお庭との関わり方には類似点多し!
お家も自分で建てられたようですし、お話合うんじゃないかしら?

小諸市から上田市方面に向かってドンドン行く途中
緑の色の多彩さに二人で感嘆の声を上げながら走ってました
なんかモクモクとその萌えぶりが見えるような勢いでした

湯治コーナーもある懐かしい感じの温泉でしたが
かけ流しの良い温泉でした
人もゴチャゴチャしてなくて
隣に気を使うこと無く夜中までおしゃべりし放題だったし

いつまでおしゃべりしてたのかな?
いつしか3人とも気を失ったんでしょうね〜(笑)

こうして寝落ちでこの日を終えたのでした眠い(睡眠)
posted by alchemilla at 15:56| Comment(10) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

2015 ガーデン巡り 2

清里エリア

朝、小鳥のさえずりで目覚めたぴかぴか(新しい)
高原の朝よね〜るんるん
普段は目覚ましを止めても時計襲って来る眠気との戦いの朝だけど
非日常では話は別(笑)
どんなに早起きのスケジュールでもこなせるのは
こんな年になっても幼児性が抜けてないってことかしら

今回は特別早朝のスケジュールって言うわけじゃないけれど
昨日お庭の様子や周りの環境をあまり見ることが出来なかったから
興味津々で外に出てみた

玄関前ではチューリップが

b20150524-1.JPG

良い色の取り合わせかわいい
シンボルツリーの立派なエゴノキも素敵な葉色をしていた
数年後にお花を下から見上げるのが楽しみな事でしょうねハートたち(複数ハート)

待機苗たちも元気

b20150524-2.JPG

b20150524-3.JPG


sirokumaさんが気を使って鹿よけの電柵の電気を切って中に入れてくれたので
北側のポタジェの中も見せてもらったのだけど
これだけの面積、石の振り分けだけでも本当に大変で
お二人の頑張りがうかがえました
我が家の小さな前庭の時も同じ作業をしたけれど
若かったからやれたんじゃないかと思うものたらーっ(汗)

一冬、二冬とこの土地での様子を観察して実践して
大丈夫な事とやってみて無理な事を判断して
色々とアイディアを生み出している所と言った感じで
生活を作り上げているのを楽しまれているのが素敵で面白そう

ご近所の様子も素敵なの
ヨーロッパみたい(行ったこと無いけどね)

b20150524-4.JPG

アップルさんと広い敷地の中をゆっくり見て歩いてデッキまで戻ると
「あ、朝食がそろそろ出来てるかも」な〜んてサラッと言うのよ、アップルさんたらーっ(汗)

主婦が外に居るのに朝食が出来るシステムって何よ?って思いますよね(笑)
戻るとアップルさんもキッチンに入り、ご夫妻二人で美味しい朝食を用意してくださいました
その時「これが最後の0-chanのジャム」って出してもらったジャムを
パンやヨーグルトと一緒に頂きましたわーい(嬉しい顔)

なんか、この食事をしながら
こんな風に丁寧に生活を送っている人たちが身近に居るのって
色々な意味で私って幸せだなぁと思いましたよ

この後チョットはこのお庭のどこかに私のマーキングを残したくて(イヌ?)
今回アップル邸にと思って用意していたハスカップを
自ら植えてやろう!と思っていたのですが
まだ植え場所の移動が有るかもしれないのでと言う事なので
ちょっと大きめのシートのポットに借り植えして
それを地面に穴を掘って植えてきました

その後、おむかいの花盛りの素敵なお庭にお邪魔して
お庭を見せてい頂いて、楽しいおしゃべりをしてから清里エリアへと出発しました

昨年の軽井沢に続いて清里という
若い時には良くメディアで目にした地名
軽井沢は若い時に一度訪ねた事があるけれど
清里は初めての場所なので楽しみでした

最初はアップルさんのお宅から割と近くの牧場へ

b20150524-5.JPG

アップルさん、北海道の人に牧場を見せてもどうかしら?なんて言ってましたが
土地の起伏感が違ってやっぱり知らない土地に来たのねって感じがしましたよ
ヨーロッパの牧場みたい(行ったこと無いけど2)

b20150524-6.JPG

ここで「山梨県」の名前の由来となった「山梨」の木のお話を聞いたり
富士山も見えました

b20150524-7.JPG

その後、私自身はあまり良く知りませんでしたが
清里のエリアで貢献したポールラッシュさんがキリストの教えをもとに指導したKEEPの活動施設?
清泉寮にチョット立ち寄って
立ち寄る人があまり居なささそうなあせあせ(飛び散る汗)小さなガーデンを一回りしてきました

b20150524-8.JPG


続いて私がリクエストしていた「萌木の村」へ向かいました

b20150524-9.JPG

点在するショップの一つの
屋根まで駆け上がっているブラッシュランブラー

b20150524-10.JPG

絵になるなぁ〜


b20150524-12.JPG

私も一頭位作れないかしら(笑)


う〜〜〜む、美しい
この石が欲しい・・・
羨ましすぎる・・・

b20150524-11.JPG

b20150524-13.JPG

二人で石垣談義を熱く語らいながら写真を撮りつつ歩いていると
いきなり後ろから上品なご婦人の「うん、そうね」との声が聞こえ
独り言かと思ったらそのまま私たちの話に参加してきてあせあせ(飛び散る汗)
萌木の村ラブ揺れるハートなオーラ満載で色々とお話をしてくれました
アップルさんもこのエリアの住人になったばかりなので
こんな風に色々な情報を頂くのは嬉しかったと思います
で、一時度お別れした後すぐにご婦人が
この日の夕方行われるオルゴール博物館「ホール・オブ・ホールズ」で行われる
オルゴールとマリンバとのコンサートの招待券を頂いたので
お時間があったら寄ってみてとチケットを渡して下さったのでした

ほぉ〜〜〜
ここにはこんな風に地元を愛する人が居て
その人たちが今この「萌木の村」を盛り立てているのだろうなぁ
チョット胸が熱くなりました
ここに来るまでに通って来た80年代の負の遺産的な駅前を見てきただけにねたらーっ(汗)

お昼になりROCKで私はピザを、アップルさんはカレーを頂きましたが
お話に夢中で画像なし(^^;)
どんだけしゃべり倒してるんじゃ〜〜

食事の後も完成まで後10年と言うドンドン伸びている石垣
その石垣のお庭の植栽など穴が開きそうな位見てきましたが
そう珍しい物を使って植えこんでる訳じゃないけれど
この土地、この風土に合った植栽と全体をコーディネートしてるなと
ほれぼれと見てきました
流石ポール スミザーさん

b20150524-14.JPG

その後ショップの一つでお気に入りの小さな陶器を見つけたのでお買い物をしました
私、いつも自分であきれるんだけど
どうしてこうも持ち帰りにくい物ばかり
旅先で購入するのかしら??ふらふら


コンサートまでの時間、お隣のガーデンカフェでお茶することにして
お庭の中のガゼボの席に陣取っておしゃべり

b20150524-15.JPG

展示施設でガゼボの中に入ってみた事はあっても
そこの座ってお茶をすると言う事は初めてだったので
ガゼボ自体に植物が全体を覆っている訳じゃなくても
何となくこう言う空間って守られているような落ち着きが得られるなぁと
また一つの実体験ができました
アイアンの小さなガゼボでしたが
個人のお庭では案外ごつくなりがちな木製よりも目立たなくて良いかもね
お庭の敷地や植栽されている樹木と構造物のボリュームのバランスって
とっても大事だと思うので
熱にうなされてアレもコレモと作ってしまいがちな構造物は
よ〜っく考えてからにしなくてはと改めて思いながらお茶してましたふらふら

時間の少し前にオルゴール博物館にお邪魔して
オルゴールの展示を色々と見て回りながら時間まで待って居ました

b20150524-16.JPG

b20150524-17.JPG

b20150524-18.JPG

が、
またしても博物館や展覧会場でありがちな
特有の照度で立ちくらみがく〜(落胆した顔)
どうもあの感じの暗さ、苦手なのよね〜 もうやだ〜(悲しい顔)
普通の暗さならなんてこと無いんだけどなぁ

なのでアップルさんも付き合ってもらって早々に着席して待って居ました

チケットを譲ってくださったご婦人もいらしたのだけど
月曜日と言う事も有ってさほど多くない人数で始まったコンサートでした
奏者は「大森たつし」さんとおっしゃる方です
初めてのマリンバの演奏、良かったですわーい(嬉しい顔)
手回しオルガンも回させてもらいましたるんるん

パリ万博で来場者を入り口でお迎えしていた言う大きなオルゴール(大型自動演奏オルガン)
リモネール1900との大迫力の共演を聞かせてもらいました
しかもオルゴールがメインでマリンバが伴奏の他に
オリジナルでマリンバのためにリモネール1900に伴奏してもらうためのオリジナルの曲をオーダーして
CDを作ったと言う事です
アップルさんはsirokumaさんへのお土産にCD買って帰ってました

コンサートを終えてもまだ暗くは無いので
一度アップル邸に戻って一息ついてバードウォッチング用にセットされているカメラで
やって来る美しいキジの画像などを楽しませてもらいました

私たちが外で遊んでる間にsirokumaさんは畑へ下りる階段を
2箇所に作っていました
こうやってパワフルにドンドン作り上げて行くのに感心しちゃいます

この日の夕食は昼間立ち寄った清泉寮の新館
ご馳走になってしまいましたレストラン
宿泊者のためのレストランですが余裕があればビジターも利用できるようです

前菜とデザートがバイキング形式で
メインをチョイスするようになっていました

前菜、見事に野菜を使っていましたが
どれも美味しかったです
調理法も和洋エスニック、どれも美味しくて唸ってしまいましたるんるん

b20150524-21.JPG

私はメインを和食にしたのでポークの味噌風味

b20150524-22.JPG

お二人は確かラムと桜鯛だったかな?

満腹だったはずだけどデザートは別腹に詰め込めます

b20150524-23.JPG

勿論、これで済んだはずもなく
アレヤコレヤとコーヒーなども含めて何度も行ったり来たり
明日はヨーグルト(手作り)だけだね〜なんて3人で言い訳しつつ
デザート三昧の後超満腹でアップル邸に戻ったのでした

こんな静かな山の上なのに
こうやって外食を楽しむ場所が我が家よりよっぽど多いのに驚いちゃいました

0-chanも言ってましたが
本当に良い土地とご縁があったと思います(*^-^*)

こうして2日目の夜は更けて行ったのでした


posted by alchemilla at 21:25| Comment(4) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

2015 ガーデン巡り

横浜イングリッシュガーデン

今回の旅行の目的は
今後のblogでのおしゃべりで認識のずれが生じないように、
アップルさんちのお庭の様子や0-chanが新しく手に入れた敷地の様子の確認と
久しぶりに3人でマシンガントークをしたかったから(笑)

が、一昨年から裏庭の改造を着手してからと言うもの
オリジナリティを大切にするのはもっともだけど
チョットしたアイディアやアイディアはあっても
どう具現化したらよいか分からない事などの参考に
商業用のお庭や個人のお庭、パブリックガーデンなど
人様が手がけたお庭を見てみたい気持ちが以前より強くなったように思う

この時期、当然北海道よりひと月は季節が進んでいる関東は
きっとバラのハイシーズン

ならばアップルさん、0-chanのお宅にお邪魔するのには
どちらも松本空港利用が一番便利なのだけど
羽田に降りて横浜EGに寄って行く事にした
(国バラは人混みが恐ろしすぎるので)

方向ド音痴の私としては一人での移動に不安があったけれどあせあせ(飛び散る汗)
今は本当にありがたいグッド(上向き矢印)
サイトや動画で移動を確認することが出来るものね

羽田から横浜までリムジンバスに揺られながら
河幅の広い河口付近で滑るディンギーを眺めながら
「あぁ〜横浜ね〜るんるん」なんて思う余裕も

駅地下で早めのお昼を済ませてから
電車より歩きが短いような気がしたので市営バスで移動
チョットこう言う街中をバスでゆっくり移動なんて言うのが
旅行中の楽しみでもありますねわーい(嬉しい顔)

照り返しの厳しいアスファルトの中、
駐車場をずっと歩いて行くと
あの行列は・・・・入り口なのかな?
えぇ?「最後尾」のプラカードが出るほどの列なの?
と思ったら案外短い行列だったたらーっ(汗)
きっとスペースの問題で列を誘導していたんですね

b20150523-1.JPG


丁度お昼時だったので
建物に入ってすぐのレストラン?カフェ?の入り口付近はごった返していたけれど
人混みをかき分けガーデン入り口へ 

チケットを再確認されて出たお庭はバラの空間

b20150523-2.JPG

b20150523-3.JPG

b20150523-4.JPG

b20150523-5.JPG

b20150523-6.JPG

b20150523-7.JPG

b20150523-8.JPG

b20150523-9.JPG


一人でのお庭見学で良かったわ
この日、横浜も30℃位有ったらしいとの事ふらふら

日陰で休み休みのお庭見学、
全然集中力が続かない
どこを見てきたのか?何を撮ったのか?

蔓バラだけが綺麗だったと印象が残ったお庭
後は木バラも宿根草もダラダラで
見ていて余計に暑く感じてきた
一番熱い時間帯に見学していたので
私自身もダラダラになって来たし
お食事を済ませた人たちがどっと園内に増えた気がしたので出る事にした

誘導されるままに出口前に通過する
住宅設備の建物に入って少し涼んでみた

b20150523-10.JPG

ここで旦那ちゃんに
「ここまでは無事クリア、この後超苦手の新宿へ向かう」と連絡を入れ
自分自身に気合を入れる(笑)

その前に併設のショップを覗いてた

b20150523-11.JPG

ショップ内はこれ又人でごった返していた
自分のバックが何かに触れて壊したりしないように注意しながら通過
やっとの思いで外に出る

b20150523-12.JPG

入り口の大きな木陰の植え込みが一番切れに感じたりして(笑)

再び市営バスに揺られ横浜駅まで戻った
26年ぶりの横浜駅界隈をぶらついてから
いざ新宿へ!
でね、やっぱり新宿駅では迷子状態 
日本語が読める私でさえ最初の一歩を間違えると
東口から西口へ出るのが難しくなるのに
海外からの旅行者はここをどうやってクリアしてるのかしらあせあせ(飛び散る汗)

予約してある高速バスの時間まで1時間の余裕を見ておいて
本当に良かった
地下でウロウロしていてもらちが明かないので地上に出て
ビルの位置関係を確かめなんとかバスターミナルに到着
それからもう一度地下に降りて涼みながら時間を調整してから高速バスに乗車

今まで走った事のない景色を楽しみながら〜
のはずが
乗車してすぐに1時間以上爆睡していた模様 眠い(睡眠)

アップルさんに支持された停留所で下車しようとしたら
立ち上がれないあせあせ(飛び散る汗)
シートベルトが私を引き留めようとしていました(笑)

1年ぶりのアップルさんは前回よりも体調は良さそうに見えて安心した
八ヶ岳南麓という住環境が復調させているのかな?
都会のど真ん中からバス1本でやって来れるし電車や車でもアクセスが良く
生活の利便性も良さそう
良い所を選んだなぁと思いながらアップルさん宅に

お宅についた頃は日暮れ寸前だったので
お庭の様子は分からなかったので翌朝のお楽しみとなった
この家の愛猫のピッコロはヴァージニアに遊びに行った時以来だけれど
以前よりお年を召されたせいか動きがゆっくりで
私も怖さを感じないですんだ(笑)

アップルさんのクラフトルームのベッドには
テンピュールのマットが敷いてあって
普通は外泊であまり眠れない私も爆睡でしたわーい(嬉しい顔)

ドキドキの一人旅の一日はこんな感じでした





タグ:横浜EG
posted by alchemilla at 23:26| Comment(8) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

京都旅行 4日目

ようやく最終日、4日目となりました
もう少々お付き合い下さい (笑)

この日の伊丹からの帰りのフライトを考えると
預けた荷物を受け取ってホテルから14時頃には出発した方が安全なので
遅めの昼食を取って終わりと言う感じなので
ホテルから割と近い平安神宮に出かける事にしていました


b20150428-1.JPG


と言うのも
たまたまこの日の前日は例平安神宮の年中行事で最も重要な祭儀の「例祭」の日で
翌日のこの日が「例祭翌日際」と言われる日で
色々な催しが神前に特設舞台が設けられ神様に奉納されるのですが
一般参拝者も無料で見学することが出来るのです
ラッキーるんるん

と言ってもやっぱり私のここでも一番みたいのはお庭で
真っ先に神苑に向かったのでした

桜のピークの時期は過ぎているのは覚悟の上でしたが
せっかくの春
谷崎純一郎が細雪で絶賛していた様子が少しでも垣間見れたらいいなぁ〜と思い
ここでは一輪でも多く桜の花びらが残っていてほしいと
つい急ぎ足でお庭に入って行きました

入って直ぐの南神苑では枝垂桜がまだまだ綺麗でした


b20150428-2.JPG

b20150428-3.JPG


平安神宮が出来た頃の電車も展示されていました


b20150428-4.JPG


つづく 西神苑、中神苑、東神苑は7代目小川治兵衛の作庭
ここは桜を楽しみに行った所なのですが
ヤッパリ素晴らしいお庭でしたよ〜
なんて言ったらよいのか、とっても清しい気持ちになるお庭です


b20150428-6.JPG

特に私は西神苑から中神苑へと繋がるせせらぎ沿いの小径へ入った途端に
フワァ〜っと何か良いものが立ち登って行くような気がして
「何かいる!」って思わず呟いてました ぴかぴか(新しい)

あ、勿論気のせいでしょうけれどね(笑)
大丈夫です、危ない人じゃないです あせあせ(飛び散る汗)


中神苑から東神苑は見所いっぱいです

b20150428-7.JPG

b20150428-8.JPG


この辺りは細雪の映画で美人四姉妹が並んでいた辺りかしら?
なんて思いながら混雑前の静かなお庭を歩いてきました


池を渡るフォーカルポイントの橋殿「泰平閣」

b20150428-9.JPG

b20150428-10.JPG

この橋には橋と腰掛が一体化されていて
腰かけてのんびりお庭を眺めて過ごしていました
人影に池に居たカモが寄って来て
橋の上で売っている鯉の餌をおねだりしてました

b20150428-11.JPG

b20150428-12.JPG

ここでのんびりしていたらアッと言う間に人がいっぱいにたらーっ(汗)

神苑を後にしました

で、この後少し時間がありましたが
今回京都で絶対に訪ねたいと思っていた所がありまして
本日平安神宮に来たのもここに立ち寄りたいがためと言っても過言ではない所
それは
タルトタタンで有名な「ラ ヴァチュール」です

オープンの時間が11時からと少し遅めなので
本日のランチの場所の目星をつけがてら周辺をプラプラ


平安神宮の神苑も通って来た疎水に屋形船

b20150428-13.JPG

桜の見ごろに乗ったらすてきだろうなぁ〜グッド(上向き矢印)


オープン時間に近づいたのを見計らって行きました

b20150428-14.JPG

思ったよりコンパクトな店内ですがお洒落な感じです

b20150428-16.JPG

b20150428-15.JPG

二人でタルトタタンとクルミのタルトを頼みました

b20150428-17.JPG

b20150428-18.JPG

タルトタタンは日本の多くのタルトタタンよりシンプルな味
フランスではスパイスを利かせずに優しい味で作るものなのですね
美味しかったですよ
でも私はクルミのタルトの味の方がムッチャ好みでした 
旦那ちゃんはタルトタタンの方が美味しいって言ってました


午後からはイヨイヨ平安神宮で色々な催し物が行われる事になっていました
開いている椅子に座って待っていましたがしばらく始まらず
待っている間にお日様ポカポカでウトウト
その後ドンドンお天気も良くなりお日様カンカン晴れ
私は帽子を被っていたので平気でしたが和装の方達は随分日焼けしたのでは無いかしら

最初に始まったのは舞妓さんたちの踊り

b20150428-19.JPG

可愛かった〜揺れるハート

でもおじさんたち、一斉に立ち上がってカメラジジィと化してました
その頭が邪魔じゃむかっ(怒り)

次は古式四條流包丁道家元による包丁式

b20150428-20.JPG

b20150428-21.JPG

次は花柳流の舞

b20150428-22.JPG

が始まった所でソロソロお昼ご飯を食べなくてはいけない時間となって
席を立ちました
この後も舞妓は〜〜んの踊りも沢山あったし
一度生で雅楽も聴いてみたかったんだけど・・・
残念ふらふら

で、午前中にサラッとリサーチしたお店数件は
どうも観光客価格のお店のような気がしたのですが
歩いているうちに地元の方と思しき方々が入って行くお店を発見
ピンポ〜ンるんるん美味しいお店でした

b20150428-23.JPG


スッカリ京都に来ておうどんのファンになってしまいました黒ハート


京都で最後の食事を済ませ
ホテルで荷物を引き取って電車に乗りました
伊丹から京都へはモノレールと阪急を乗り継いで移動したのですが
昨年初めて見た万博の太陽の塔はバスで移動中にチラッと見えただけでしたが
京都へ向かうモノレールでは「もののけ姫」の「デイダラボッチ」の様に
急に視界に入って来たので驚いたので
帰りには撮ってみようと思っていたのでした(笑)

b20150428-26.JPG

デイダラボッチっぽく見えない?


空港で早めのチェックインを済ませ
時間たっぷりのはずなのになぜか結局夕食は慌てて済ます羽目にふらふら

それでも無事に
「楽しかったねexclamation×2わーい(嬉しい顔)と言って我が家に帰宅したのでした

本州へ行くたびに
北海道は日本の平均的な所からずれていると思い
そして日本って素敵だなぁ〜ぴかぴか(新しい)って思うのです


長々とお付き合いをありがとうございました
















posted by alchemilla at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

京都旅行 3日目

この日のホテル出発予定は前日より1時間遅い7時
昨日は2度目の清水寺ですっかり体力を消耗してしまって
お疲れ気味でゆっくりしたい朝でしたが
京都の時間は無駄には出来ません
頑張って起きましたとも

この日は市営のバスや地下鉄を何度も乗る予定でしたので
『京都観光一日乗車券』を利用しました
購入の手間が煩わしくなくて観光客には便利でした(^^)

混雑する前の地下鉄に乗り込むことが出来ましたが
昨日と違ってもう学生さんや通勤の方もたくさん乗っていました
が、まさかこの学生さんのほとんどが修学旅行生だとは・・・
ぞろぞろと私たちと同じく市営地下鉄『蹴上』で下車(^^;)
同じようにここに吸い込まれるように入って行きました

b20150426-1.JPG

続きを読む
posted by alchemilla at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

京都旅行 2日目

この日の起床予定時間は4時半exclamation
案の定10分位ベッドの中でグダグダしてしまったけれど
前日祇園からホテルに戻ったのが10時頃で
就寝12時頃だった割にはマズマズの目覚めでした手(チョキ)
私が身支度を始めてもまだベッドにいる旦那ちゃんを
せっついてシャワーに入れたらもう安心
ほぼ予定通りに6時過ぎにはホテルを出ることが出来ました

この日の最初の目的地は『清水寺』
ここは朝6時から開いているので早めに出かけて
静かに京都を舞台から一望出来たらと思ったんですが
今にも降り出しそうなお天気たらーっ(汗)

まだ通勤ラッシュ前の地下鉄とバスを乗り継いで
清水道で降りてもまだ人はほとんど居なく
私たちの前には観光客の夫婦が
キャリーバックを引いて歩いているだけでした
どういう事情でこのお二人が今この坂を
キャリーバックを引いて歩いているのかは定かではないにしろ
連泊は身軽でいいなぁ〜と言う思いを噛みしめながら
坂道を登って行ったわけです

b20150424-1.JPG

運動不足の夫婦がヒ〜コラ言いながらやっとたどり着いたら
カメラを担いだ方が2〜3人いらしたけれど
(多分修学旅行生を撮るカメラマン?)
まだ人気のない仁王門の前の階段から
ゆっくり阿吽の狛犬ならぬ『阿阿の狛犬』を眺められました

b20150424-2.JPG

b20150424-3.JPG

続きを読む
posted by alchemilla at 23:26| Comment(4) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月05日

潜入してみました

今日は寒かったです〜
最低気温は辛うじて1ケタだったようですが
地面がカチコチですたらーっ(汗)
北側のお庭の雪の上の黒い点

b20150205-13.JPG

良く見ると一昨日撒いた煎り豆でした(笑)

b20150205-14.JPG

北国は立春のこの頃が一番寒いかもしれません
ヤッパリ春はもう少し先なんだ・・・と改めて思い知らされ寒さです

お話は全然変わって
何年も前から話には聞いた事はあったし
ここ数年は人様のブログでも随分目にするようになった
知る人ぞ知る、映画や番組のロケ地にもなっている
『ランプ城』へ少し前に出かけてきました

そりゃ〜もう、噂にたがわず「秘密基地」とか「アジト」感が満点で楽しかったですわーい(嬉しい顔)

今はカーナビとかあるので住所さえわかればたどり着くは簡単だけど
ここはチョット前まで中々たどり着けない場所だよね〜って所にあります
そこがまた魅力の一つになっているのかもしれませんが(笑)

b20150205-1.JPG

この右側の擁壁の裏側は

b20150205-3.JPG

こんな階段があって、思わず上って確かめたくなります(笑)

人様の土地なのでそこはぐっと堪えて真っ直ぐに進むと
擁壁から伸びている手作りのパーゴラを潜って階段を上って行きます

b20150205-2.JPG

『ランプ城』の昭和のスナックのような趣の看板が見えてきます
もうこの時点でわくわく揺れるハートと楽しくなってきます

坂の上に上ると建物があるのですが
入り口は?どの入り口から入っていいの?  としばし悩み

b20150205-4.JPG

この入り口に入ってみようexclamationと思ったものの
『営業中』の札も無し、
『休み?』

えぇ〜い、入ってしまえ!  と思い切って入ると
「いらっしゃいませ」の声に一安心

なんだかね、本当に昭和でした
根強いファンがいるのが分かる気がするお店です

b20150205-5.JPG

b20150205-7.JPG b20150205-8.JPG

b20150205-6.JPG b20150205-9.JPG b20150205-10.JPG

ココアを頼んだらお店の人も運べない位ナミナミのサービス盛り(笑)
80代半ばのオーナーさんと思しき方が運べなくて
娘さん?が「私でも運べないわ」と言いながら運んでくれました

b20150205-12.JPG

てんこ盛りのチョコレートのサービス付きですが
チョコレートに負けない甘さのココアでした
ちなみにここのコーヒーはキリマンジャロのようです

店内、チョットネコの匂いが気になりましたが
妙に落ち着く店内で昭和生まれにはノスタルジーに浸れる場所でした
それもそのはず、昭和37年からの営業だそうで
私もまだ生まれていません
子供の頃、こんな内装のお店が有ったような・・・
特にこのぽつぽつ穴の開いた天井って良く見かけたような気がします

お店に入る時は入り口を探すので気にならなかったけれど
玄関を出たら目線の先は結構な崖

b20150205-11.JPG

サスペンス劇場で使えそうなロケーションでした(笑)

ここは映画の「妖怪人間」のロケ地にもなったのもうなずけます
本編で採用になってるかどうかは
映画を見てないので分かりませんが・・・
先日は北海道のローカル番組で
サンドウィッチマンの番組につっちーゲストで
ここへロケへ来てたそうです


そんな訳で一見暇そうなに見えるお店ですが(←失礼ですねあせあせ(飛び散る汗)
店内唯一の暖房、煙突ストーブ最寄り席にいらした
オーナーさんと親戚のかたと思しき方の会話が漏れ聞こえ
「ほら、こんなそんなで、私忙しいの」なんて声が聞こえてきたので
みなさん結構探してやって来ているようです

昭和にタイムトリップしてみたい時は
『ランプ城』はおすすめスポットです




タグ:ランプ城
posted by alchemilla at 16:59| Comment(4) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

4連休中のお出かけ

先週末の3連休に引き続き、
20日から23日まで私は4連休♪
お休み中に苫小牧方面で所用があって出かけたので
その後、『MEON農園/ロングパリッシュ』へ寄ってみました

b20140924-1.JPG


入り口のゲートをくぐると可愛い自転車

b20140924-2.JPG

b20140924-3.JPG

もっと前ならゼラニウムのお花も沢山咲いて
『花かご』っぽかったのかな?

横のゲートへの道にも自転車が止め石代わりに置かれているのか?

b20140924-4.JPG

単に自転車をオブジェ化するのが好きなのか?

雑貨類をササ〜っと見た後テラス席でお茶を頂いた

目の前のバードゲージと同じものがいくつかぶら下がっていて
ハテ?と思っていたら

b20140924-6.JPG

バードフィーダーでした揺れるハート

久しぶりにカラ類が忙しそうに啄みにやって来る姿を見て
お庭で小鳥が忙しそうに飛び回るのって
いいなぁ〜♪とリラックス

そんなこんなしてのんびりしてたらいきなり雨雨
しかも本気の降り方(-_-;)

b20140924-7.JPG

b20140924-8.JPG


この連休中はあちこちでこんな感じで雨が降ったり雹が降ったりでした
入るときはこんな青空だったのに

b20140924-5.JPG

でも、な〜んかイイ感じでしたよ
周りの話し声も聞こえなくなって

雨に洗われたお庭は綺麗でした

b20140924-9.JPG

b20140924-11.JPG

b20140924-10.JPG


この頃はあちこちでグラス類が植えてから何年か経って
見ごろとなったお庭が増えていて
そんなお庭は秋が美しいですね

私も何種類かまだ地植えはしてませんがストックしているのですが
全くお庭のエノコログサは容赦なく撤去なくせに
なぜお金を払ってまで似たような草を買うかね〜(笑)
お庭のカタバミは目くじら立てて取り除くのに
オキザリスなら有難がったり
ツユクサもしかり( *´艸`)

でも今時期は本当に山の道沿いのススキやオギやヨシの穂が美しい
夕日に照らされている所なんて本当に綺麗で溜息もの

だけど大型グラス類って
スカッと開けた場じゃないと絵になりにくいのよね〜
こういうお庭は住宅街のお庭じゃなくて
こう言う所で楽しむものなのかも

でも雨のグラスガーデンは脳みそ空っぽになれて
心も浄化されたようでした
posted by alchemilla at 20:43| Comment(4) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月21日

プラントフェア

先週末はイコロに出かけてきました
金曜日からイコロに近いウトナイ湖周辺で宿泊していたので
土・日曜日で行われていた
『イコロの森プラントフェア×LOPPIS(ロッピス)サマーマーケット』に
オープン時間に近い時間で到着出来ました。

え〜っと、ロッピスの方は冷やかしただけですが
プラントフェアに期待してのお出かけです(^^)
北欧雑貨好きの0-chanならロッピス、楽しめたかも〜

b20140721-2.JPG

レストラン前のフラッグガーランドが掛かった芝生のコーナーでは
ワンちゃんたちや小さな子供たちも
フェアらしいノリの音楽の中でのびのびとリラックスして楽しんでましたよ〜

b20140721-5.JPG


イコロで販売している苗は
イコロのガーデンで植栽できるものを基準にしてるらしいので
微妙に我が家とは気候は違いますが
札幌や旭川、帯広などの北海道の雑誌でも主に取り上げられる環境よりは
同じ胆振と言う事で私としては安心して買うことが出来る苗

何度も失敗しているアガパンサスがヤッパリ欲しいexclamation
イコロで植えている品種は?
そしてプラントフェアに出店しているお店も覗いてみたいしね〜
フェアだと普段は小売してない所の出店や
普段より相当お値打ち価格での販売とかもありそうですしね(^^)

で、やっぱりありましたよ〜
ショップの皆さん「お祭りだしね♪」って言って
気前よく売ってました(*^^*)

イベントとしては小規模だったのと
場所が森の中な事、
そして今にも降り出しそうな空模様が私に味方したのか?
暑さが苦手で人ごみ嫌いな私としてはとても居心地よく過ごしました

早い時間に駐車場に滑り込むことが出来たので
ナーセリー近くに駐車できたので
車に何度も運び入れる事ができて良かったです手(チョキ)

イコロへの道はゴルフ場の入り口付近を過ぎたあたりから
木々のトンネルが何か所かあって
そこを通るたびに本当に幸せな気分になります

b20140721-1.JPG

オロフレや洞爺湖、支笏湖周辺でも見かけますが
トンネルの長さが長いので
山懐へ入っていくと言う感じがして

着いて、まずイコロのナーセリーでお目当てのアガパンサス他を購入
一度車に収めてからプラントフェアのエリアへ

b20140721-3.JPG b20140721-4.JPG

で、ショック
さっき清算を済ませたものとほぼ同等の樹木が半値以下で販売しているのを発見・・・
そうよね〜
通常営業のイコロより先に
フェアのショップを確認すべきだったわね
まぁ、こちらの方が普通あり得ない値段だから仕方ないわね
なんたってお祭りですから・・・

b20140721-6.JPG

でも素敵なアジサイを手に入れてきました

b20140721-7.JPG
スイートサマーって言う品種だそうです
でも色が変わるって事、買う時に説明がありませんでした
白花だと思って買ったんだけどピンクに変わるんですって
変わらなくていいのに、って言うか変わらないでほしいんだけどたらーっ(汗)
でもムリだろうから植える予定の場所を考え直さないとね

それとハスカップの苗を手に入れました

b20140721-8.JPG

これは大粒の実がなるものの選抜だそうです
帰って来てから我が家のハスカップの実と比べてみました

b20140721-9.JPG

我が家の実は今年(も)肥料を与えていないので小さいですが
こんなに差がありましたよ〜
味はどちらも美味しいです


この時期一泊でも、鉢植えの水切れを考えると家を空けるのが怖いです(^^;
金曜日の朝一で潅水したけれど出発前にもう一度
かえって蒸れる?とか心配しながら
大汗かきながら潅水してから出発したんですが
帰宅してチェックしたら一応無事でホッと一息(^^)

この連休中、もう少し仕事ができると思ったんだけど
荒れる風の東風がずっと続いていたので
ほんの少ししかお庭に出ていられなかったのが残念
今週は暑い日が続くらしい
そ〜だよね〜、7月も下旬だものね〜
外に出たくない夏籠りの季節です眠い(睡眠)
posted by alchemilla at 22:35| Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

0-chanとのお庭めぐり 5

扉温泉 明神館

今回このガーデン巡りを0-chanに打診した時から
既に0-chanはこの温泉に連れて行ってくれるつもりでいた見たい揺れるハート
0-chan自身はびっくるするほどカラスで
温泉にはそれほど興味もない人なのですが
私が温泉好きなのを知っているので御接待してくれました\(^o^)/

それでは連れて行ってくれた素晴らしい温泉のご紹介です

目いっぱい二人のがガーデングッズを満載させた0-chanの車は
扉温泉への山道をクネクネと頑張って走ってくれたのです 車(RV)
午前中にGARDEN SOILさんで買って来た
0-chanのアイアンの支柱は1.8m
後ろからハンドル位までの長さになるので
私に配慮して自分で運転してるのに自分と窓の間に置いて
ドアを開けて出入りする時はそのアイアンを潜る・・・みたいな
今思い出しても笑いがこみあげるわ〜
遠慮しないで運転席と助手席の間に置いてくれたら良いのにぃ〜
そのアイアンの支柱がちょっとした振動で
パワーウィンドゥのスイッチに触れ
走行中に勝手に窓をウィ〜ンと開ける事件が勃発(笑)
もう、0-chanとの旅は爆笑の連続ですわーい(嬉しい顔)

さぁ、高級旅館に到着♪

b20140607-1.JPG

b20140607-2.JPG

高級旅館、しかも山間の高級旅館ならなおさらの事
玄関先から駐車場まで宿の方が車を回してくれるのですが
私は散々買ったガーデングッズや苗などを
一度室内に持ち込んで飛行機に預けやすいように
パッキングするつもりでいたので
兎に角車から降ろす量が半端無い量で
しかも出てくるものがジャンクっぽいので
多分大女将?の「アンティークですか?」に
思わず吹き出しそうになってしまいました
だってお手頃のお値段ついたままですよ〜( *´艸`)

0-chanは0-chanで例のアイアン支柱が
人が運転席に入るのを拒んだ状態なので
車を預ける前に慌てて場所の入れ替えをしに行ってました
接客態度が素晴らしいので笑われる事はありませんでしたが
驚いたのは間違いないでしょうね〜(≧▽≦)


お部屋はこんな感じ

b20140607-4.JPG

b20140607-5.JPG

b20140607-3.JPG

b20140607-6.JPG

流石、高級旅館
白い家具を置くのって勇気がいりそうだよね〜と
0-chanと要らない心配してしまいました(笑)
お部屋からの眺めも素敵です

b20140607-7.JPG

2階なんだけど静かだし渓流の緑で
もっと高い階に居るようです

室内入ってすぐのクローゼットの中には
浴衣やリラックスできる部屋着、バスローブも入ってました

b20140607-8.JPG

大きなバスルームも付いた洗面所

b20140607-9.JPG

b20140607-10.JPG


人が大体食事する時間帯がお風呂の空いている時間と踏んで
先に入浴した私たちはその後ダイニングで夕食を

メニューのタイトルは『野遊び』

画像が有りませんが最初に食前酒として
 〜陽だまり〜 苺のあま酒

 〜芽吹き〜  初夏のお野菜 百合根味噌

 〜柳のしずく〜変り寿司

b20140607-12.JPG

 〜野火〜   信州和牛

b20140607-13.JPG

 〜川面のきらめき殻〜 若鮎

b20140607-14.JPG

 〜若菜摘み〜 胡麻鍋

b20140607-11.JPG

 〜〆〜    おざんざ

b20140607-15.JPG

 〜山笑う〜  山吹 氷菓

b20140607-16.JPG

この後は珈琲で終わりました

で、おざんざ って何?な二人でしたが
信濃大町辺りの郷土料理で納豆菌をつなぎに使ったうどんだそうです

ここのお料理はお野菜がふんだんに使われていましたが
お野菜はどれも美味しかったです
お量が出てくるタイミングも遅くも早くもなく
良いタイミングでのサービスでした(^^)
とっても良く教育されて気持ちの良い若いスタッフの方が多いお宿でした


次はお風呂の紹介です

これが旅館の自慢の立湯
夕食前の明るい時間いゆっくりと早朝にたっぷりと楽しませて頂きました

b20140607-17.JPG


メインの浴場

b20140607-18.JPG

こちらは朝湯のはしごでチャチャっと


寝湯

b20140607-19.JPG

こちらは目覚めにのんびりと


玄関のアプローチ横から降りていく露天

b20140607-20.JPG

b20140607-21.JPG

画像は朝一ですが入浴は夕食後に入らせていただきました

朝の玄関前の渓流の景色

b20140607-22.JPG

ロビー横の談話室では飲み物がサービスされていて
私も露天風呂のあと冷たいお水をサービスしていただきました(^^)

b20140607-23.JPG

b20140607-25.JPG

素敵なランプ

b20140607-24.JPG

そして繊細な日本画

b20140607-27.JPG

この方の色紙画でも有ったらお土産に買って帰りたかったわ〜

お庭にはリスもやって来ました

b20140607-26.JPG

朝食の様子です

夕食が「モダン和食」のチョイスだったので
朝食も同じダイニングでとなるようで
一応朝食も選べるようにはなっていますので
「洋食」を選んだのですが
モダン和食の洋食と言う事らしいです

これは蒸し野菜で和洋どちらにも共通で出ていました

b20140607-28.JPG

引き続きメインディッシュとデザートとコーヒーでした

b20140607-29.JPG

b20140607-30.JPG

良い旅館でしたよ〜
0-chanありがとございましたm(__)m

気が付けば帰りの飛行機の雑誌でこの立ち湯の写真出てました
信州の超有名旅館だったのですね

で、この後飛行機に乗り込むまでにもうひとつ
最後のお楽しみが残っていて
アップルさんが空港まで会いに来てくれてました
アップルさんとは私の家に来てくれた時以来ですが
それでももう何年になるのでしょう
小一時間のオシャベリでしたがあっという間でした(^^)
でも不思議とこのお二人と何年ぶり〜と言ってあっても
昨日もあってお話したような感じで話せるのが不思議なのです

最後の最後まで楽しかった旅でした
0-chan、アップルさん ありがとうございました
又3人で会える日を楽しみにしていますね(^^)

お付き合い、ありがとうございましたぁ〜
posted by alchemilla at 00:21| Comment(4) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

0-chanとのお庭めぐり 4

GARDEN SOIL

ブログでチェックしている
須坂のGARDEN SOILが今回の訪問するお庭の最後
モデルガーデン併設の園芸店?でいいのかな?

朝、ホテルの朝食を食べてから
昨日の朝食の予定で開店時間のリサーチ不足から
パンの購入に至らなかった「ハルタ軽井沢店」に向かった
なのでこの日は開店の9時に合わせてゆっくり目の出発となった

それでも開店10分前くらいに着いてしまったので
隣の敷地の日陰で開店を待っていた
で、気づくとこの建物は古い建物を半分に切って使っているのね(^^;)

b20140606-1.JPG

で、さらに気づくと
通りを挟んだお向かいのクリーニング店は
ず〜っと昔にここに来た時に入ったことがあるお店かも!

b20140606-2.JPG
帰宅後旦那ちゃんに画像を見せたら
「そうかもな〜」と笑っていた


もうそろそろ開店したかな?と思いお店へ
シナモンの良い香りが漂っていた
自分の昼食用なのでそんなに買えないけれど
ベースの味が分かりそうなものを4品選んで買って来た

b20140606-15.JPG

お店の中は雑貨も置いていて良い感じ

b20140606-4.JPG b20140606-5.JPG

パンも自分で取る方式じゃなく
お店の方がガラスケースの中から取ってくれる方式で
私もこの方が好き

b20140606-3.JPG

パンの乾燥予防になるし
後から来たお客さんが先のお客さんに
荒らされたパンを取らなくて済むし
何より清潔だわ

そうそう、駐車場はお店の前じゃなく
この看板のある場所

b20140606-6.JPG


もしかしたらこの看板のあるブロック塀の
コチラと向こう両方にあるのかな?

で、パンをもって私の運転で須坂にゴ〜♪車(RV)

もうね、昨日で学習しましたexclamation
群馬は暑いと思って麻のブラウスを着て行ったんだけど
素材だけじゃ〜太刀打ちできない暑さでいい気分(温泉)
気温よりも問題は紫外線なのよね
で、7分袖のブラウスだったから出てる部分が
運転中水ぶくれになるんじゃないかと思うほど痛暑かったので
本日は肌寒い日もあるかと持って来ていた
ガーゼ素材の長袖着にて出発です

私も持ってますよ、紫外線対策の腕抜きは・・・
が、地元がそんな季節じゃないので
全然考えが及びませんでしたよ(-_-;)

で、これまた二人とも学習したエアコン使用で(笑)
快適に須坂へ到着
ナビ様のお蔭で超間近までたどり着けたのに
私の余計な私見が
たどり着けそうでたどり着けないもどかしさ(^^ゞ
結局もう十数メートル、時間にして何秒か進めば到着でした

まぁ、これも記憶を刷り込む思い出の一つになりました

b20140606-7.JPG

あぁ、いつもブログで見ている建物だわ♪

暑かったけれど早速お庭と売り場拝見

b20140606-8.JPG

b20140606-9.JPG

b20140606-10.JPG

b20140606-11.JPG

b20140606-12.JPG


ナチュラルなガーデンは良い感じにゆる〜く管理されていて
見ていて窮屈な感じがしなかった
これは手抜きと言う意味ではなくね
テクニックでしょう(^^)
私たちが訪れた時もしっかりお手入れ最中でした
だけど私の目には最初っから日陰のテラスが
置いている雑貨も含めて魅力的にうつってました
ので、そそくさと0-chanと雑貨を漁りに(笑)

b20140606-13.JPG



今までね、ずっと小物を選んでましたよ、はい
飛行機で帰るんだから
でもね、0-chanちで見た
薪ストーブの上にぶら下がっていた
おしゃれなアイアンの物干しが頭から離れなくってたらーっ(汗)

で、見つけたのでお店の方(多分奥様?)に取っていただいてチェック
同じデザインの大小があって
0-chanも最初小さい方を選んだけれど飛行機に乗る私に譲ってくれて
でも本当は私は大きい方が欲しかったのよ
で、大はもう一つあると言うので結局私は大と小を買って来る事に
有ろうことか、清算を済ませてた後
より好みの物を発見し、それも購入する事に(^^;)
さて、どうやってパッキングしようかと思ったけれど
アメリカから大きなフォークを持ち帰ったんだから
何とかなるわね〜と問題は先送りにして
お店の方とオシャベリを楽しんでお店を出たら丁度お昼時
お店の駐車場の大きな木陰をチョットお借りして
今朝買って来たパンで昼食

b20140606-14.JPG


でね、ここで0-chanは1.8mのサイズのアイアンの支柱を3本買っていて
それをどこに(車の中に決まっているんだけどね)
どうやって納めるかチョット悩んでいて
自分で「ガラス吹き職人のように」とか言いながら
アイアンの棒を押したり引いたりしてるから可笑しくって
その様子を思い出したら今でも大爆笑

そんなこんなで何とか荷物を無理矢理納めて松本に出発です

松本も暑いですね・・・
お城に近い駐車場でしたが暑い
でもお城はさすが国宝

b20140606-16.JPG

バ〜ン!って感じ現れました

中に入ってまず階段の一段の高さが半端なくて驚き!
スネぶつけそうになります(-_-;)

上の方の階段は角度が61度だそうです

b20140606-17.JPG b20140606-18.JPG

感覚はほぼ垂直ですわあせあせ(飛び散る汗)

最上階で一休みしながら
なるほど「盆地」だわと確認して降りてきました

その後はなめこ壁の街並みを案内してもらったり

b20140606-20.JPG

下水溝の蓋で名物?を確認したりながら歩いた後

b20140606-19.JPG

0-chan行きつけの「セラミカ」に連れて行ってもらいました
涼しい店内で自宅用に小さなボールとミルクポットを購入

こうして訪れる場所場所で荷物が増えていく二人でしたが
一応物が増えそうな場所は松本で終了です

この後は今夜のお宿
0-chanの御接待での扉温泉「親湯 明神館」です

つづくっ!
posted by alchemilla at 16:41| Comment(4) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

0-chanとのお庭めぐり 3

群馬のガーデン

0-chanの家で軽井沢での食事の場所を検索している時に
美味しそうなパン屋さんを見つけた
別荘族が朝食用に買いに来たり
イートインのスペースもあるとあったので
軽井沢での朝食はそこで!と思っていた
が、いざで出かけてみると営業時間が2時間も遅くなっていた
多分シーズンによって営業時間が変わるんでしょうね〜たらーっ(汗)
確認しないでネットで検索した情報を鵜呑みにした私が悪いんですが(^^ゞ
近くのコンビニでサンドイッチとラテをイートインコーナーで済ませて
群馬へと向かったのであ〜る

で、群馬への道はほゞ下り
時間が経つにつれて太陽が高くなるのに加え
標高をグングン下げていく上に街中を走る訳で
車を走らせている内、多分群馬の太田市あたりで急に
『暑いexclamation』と漏らす位の熱気を感じ・・・

二人とも元々エアコンの風が苦手なのと
今まで標高の高い所にいたので窓から入って来る風が気持ち良かった
が、そんな事を言っていたら体調が崩れそうなので
エアコンを入れてやっと一息ついた
って言うか「エアコンを使う」という概念が
私たち二人に余りなかったのね(^^ゞ
どんだけ寒冷地仕様な二人なんでしょう(笑)

トレジャーガーデンに到着したけれど
炎天下の駐車場で日陰が無い
既に駐車していた車がアルミシートで窓を覆っていたので
『あれがあると良かったね』と言うと
『あるよ』
0-chanのバッグはドラえもんのようなのだけど
0-chanの車もドラえもんのような車でなんでも出てくるから可笑しい
おかげで車に戻った時は意外なほど暑くなかった

ド〜ンとトレジャーガーデンの入り口

b20140604-1.JPG

中に入るとピエールドロンサールが満開でお出迎えしてくれました

b20140604-2.JPG

が、上からの日差しと足元が地面じゃないので下からの照り返しで
暑くて暑くて・・・
最初からマイケルジャクソンのように
お庭に向きながらも気持ちは後ろ向きに(^^;)

が、寒冷地仕様の0-chanに無理矢理付き合ってもらっているのは私なので
帰るとはもちろん言えません
横を見ると、あら!?意外に楽しんでる風の0-chan
まぁ、基本的に彼女はラブリーな感性ですから(^^)
タマタマこの日に執り行われていたガーデンウエディングも
お嫁ちゃんをひそかにストーカーして
そんな所まで!って所で0-chanは撮ってました( *´艸`)

b20140604-5.JPG


それにしてもポールズヒマラヤンムスクのパーゴラは見事だったわ〜

b20140604-3.JPG

これを見てお庭に導入しちゃう人が多いの分かるけれど
これを存分に生かし切るスペースの確保は
個人のお庭では難しいなぁとも実感
だけどこのパーゴラの作るアラベスクのような影も
ウットリするほど素敵でした揺れるハート

もう、融けそうな私は日陰を求めてふらふらと
引き続き白バラのパーゴラへと滑り込み
植物の作る涼しい木陰の恩恵を享受

b20140604-4.JPG

バラが咲き乱れる様子も確かに美しいけれど
このガーデンの魅力はバラ以外にもあって

b20140604-6.JPG

ポピーの咲くコーナーはまるでクリムトの絵画の様(^^)

b20140604-7.JPG


このトレジャーガーデンに来てバラに関しての収穫は
入り口付近のこのバラ

b20140604-8.JPG

「きずな」とありました
赤い蔓バラにはあまり興味がなかったのですが
見直しました
この品種の葉っぱの色は灰色を帯びた綺麗な色で
バラの花の色や大きさととてもバランスが取れているように感じた
が、この株がまだ若かっただけのようで
他の株が異品種かと思ったら充実した株で
花付も全然違って無茶苦茶咲いていた(^^;)
こ〜ゆ〜バランスで咲くバラを見たいんだけどなぁ〜

暑さであまり空腹も感じる事が無かったけれど
ガーデンを出たのがちょうどお昼頃だったので
しばらく走って街中で適当に駐車しやすいお店でランチを済ませ
いざ、今回私が一番行きたかったガーデン
アンディ&ウィリアムスボタニックガーデンへ
向かったのは、良いのだけど・・・先に暗雲が

チケット売り場のおねいさんに
「高い木がありますので雷に注意して下さい」と言われましたが
注意してって言われても逃げ込める所があるわけでもなし
取りあえず覚悟だけはしてガーデンへ

b20140604-9.JPG

b20140604-18.JPG

ガーデンへ入った途端に雨が落ちては来ていたけれど
私には次は無いので強行
いかにもイギリス人が作りそうなガーデンは
幾つものガーデンルームスに分かれていて
キッチリとお手入れがされていた

b20140604-10.JPG

b20140604-11.JPG

b20140604-12.JPG

b20140604-13.JPG

シークレットガーデンへと入った時には
もう雷も最高潮
が、帽子と日傘をびちゃびちゃにしながらも
見学を続行

b20140604-14.JPG

b20140604-15.JPG

二人ともこのシークレットガーデンは
妙なテンションになってました

でも最後に見に行った池の周りの景色は
日本ではないみたいな錯覚に陥りましたよ〜
本当に素敵♪

b20140604-16.JPG

b20140604-17.JPG

ガーデンを出てからガーデンの手前の苗売り場の小屋など
しつこく眺め

b20140604-19.JPG

ガーデンセンターの方へ移動
やっと雨から逃れて、またしても雑貨類を物色(^^;)

今思えばあの雷様はこの後のアクシデントに備え
早めの出発を促してくれたのかもしれません

碓氷峠バイパスを走るつもりがアクシデントで通行止めになっていて
あと17キロで軽井沢と言う所で
旧碓氷峠を走る事に
入り口が最初分からずにパニクってしまったけれど
こんな事でもないとこの峠を走る事は無かっただろうと
意外にも道はキッチリと綺麗な舗装がなされ整備されてました
案外ドライブで走る人が多いのかもしれませんね
綺麗なレンガのアーチの橋も見る事が出来ました
雷が鳴っていた時は暗かったので
もっと遅い時間になっていたのかと思っていましたが
意外や意外、すったもんだと右往左往していて時間をロスしても
ホテルには宵の内に戻ることが出来てホッと一息
連泊にして置いて本当に良かったぴかぴか(新しい)

チョット休憩してから
地元の人に愛されていると言うレストランに夕食へ

b20140604-20.JPG

b20140604-21.JPG

軽井沢、いいわ〜
美味しいお店があちこちにあって


帰りにコンビに寄ってマイペースに過ごすための物を買いこみ
この夜もリラックスして更けていったのであ〜る(^^)
posted by alchemilla at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月03日

0-chanとのお庭めぐり 2

軽井沢

早起きな0-chanの旦那さんを仕事に送り出してから
天気予報の気温チェックをして
お出かけ先が暑くなりそうな事を覚悟してたらーっ(汗)出発〜♪

が、昨日からな〜んか気になっていた
私が持ってきたナビ
いつもはあんなにオシャベリなのに無口なのよね・・・あせあせ(飛び散る汗)
パッキングした時にどこかのスイッチが変わったのか?
なぁ〜んか、現状はお知らせしてくれてはいるけど
ナビしてくれないのよね〜(^^;)
(機械音痴なので色々とチャレンジはしない人)
で、地元はもちろん0-chanが知っているので
高速入口近くのコンビニでドライバー交代して
0-chanのアナログナビで私の運転となったわけですが
運転してる途中でナビが何かを訴えるので
訴えたとおりにしてあげたらナビに切り替わった風な感触あり(笑)

軽井沢で高速を降りて順調に走って行くと
最初の目的地の「軽井沢レイクガーデン」への看板も見え
二人で「よし♪よし♪」と走っていたんですが
チョット違うような感じがしたので
止まってナビを入力してみたらしゃべり始めましたぁ(^^)vるんるん

ナビに「役たたずむかっ(怒り)」とか散々ひどい事を言っていたんだけど
どう考えても人間が悪いにきまってるんですけどね(^^ゞ

で、ナビ様の言う通りに走って行くと到着しました

b20140603-1.JPG


チケットを買う前にショップの下見と
ショップまでの植栽やパーゴラの様子などのチェックをして
桂に「しだれ」があることにビックリ!(@_@;)

それからチケットを自販機で購入し
窓口のおねいさんにTVの撮影が入っているので
立ち入れないエリアの説明を受けて入って行ったのでした〜

b20140603-2.JPG

b20140603-3.JPG

b20140603-4.JPG

b20140603-5.JPG

b20140603-6.JPG

b20140603-7.JPG

他の方のブログなどで見て受けた印象より
コンパクトなガーデンだった
パーゴラもず〜っと続いているものだと思っていたが
カメラマジックだった
いや、ガッカリしたわけではない
むしろバラ以外に見所が余り無いのかと思っていたけれど
バラのシーズン前のこの時期でも十分楽しめた(^^)

このお庭には背景の空や山々の高木なども含めた
圧倒的なグリーンの量が基本にあるので
この後色とりどりのバラが咲いたとしても
煩く感じることなく
その魅力を存分に発揮することが出来るのでしょうね〜
もう中々訪れるチャンスは無いと思うけれど
バラはまだでも楽しめました

その後はナビ様が順調に案内してくれて
次の絵本の森美術館内のガーデンへ車(RV)

「ムーゼの森」の駐車場に車を止めてから道路沿いに移動して
「エルツおもちゃ博物館」に併設されている
ガーデンレストラン「ルーエ」でランチを取ることにした

実は前夜の夕食は贅沢にも但馬牛のステーキでした
超満腹になってしまったので
朝食は食べることが出来なかったので
イイ感じにお腹もすいてきて
メニューはそれ程沢山ではなかったけれど
オムライスのメニューが何種類か有ったので
エビの入ったオムライスをオーダー

b20140603-8.JPG

ここの外の日陰のテーブルで頂いたんだけど
つくづく軽井沢の魅力を感じた
軽井沢ってくつろげる場所だわ〜るんるん
軽井沢がずっと人気を維持しているのがうなずける
ここに住みたい人がいっぱいいるのが分かる
どっぷりの田舎人の私が言うのもなんだけど
適当に田舎な所もよいのよね〜

昼食後、道路を渡って
いざ、ピクチャレスクガーデンへ!

まぁ正直入った当初は
「えっ!ここ?これだけ?」と思いましたよ
「ガーデン」とうたって
入場料を取るような感じにするから戸惑うのよね〜
ガーデンだけを見に行こうと思っている人には
ガッカリ感は否めないかもしれませんが
展示施設や併設施設から出てくると
外の様子にハッとさせられます
ガーデンと言うより「絵本の森美術館」の環境そのものかと

b20140603-9.JPG

b20140603-10.JPG


絵本関係の施設への関心はあまりありませんでしたが
せっかく来たので入ってみる?的な感じで入ってみたら
最初に入ったログっぽい建物の2階に上った時
めまいのような感じが一瞬して
勘違いかと思ったら建物自体が揺れていて
何となくエレベーターに乗った後のような感じが続いたので
二人とも慌てて外に出てベンチで一休み
そこでまた美しさに関心ひらめき

続いてもう一つの建物に入ると
絵本の原画が展示されていて
原画って本当に凄い!!と
しばし絵本の世界に引き込まれてしまいました
0-chanは元々絵を描くことに興味も才能もあるので
私以上に面白かったみたい
が、ここでも建物の中は展示物の保護のため
薄暗くしかも壁面が垂直じゃない所があり
グルグルと見て回っているうちに
平衡感覚がおかしくなってきたので慌てて退出
その後、タリアセンにも行こうかと思ったけれど
やめて
おぎはらの軽井沢店へ

前回8年前の0-chanとの旅行の時も
0-chanは苗を買うことを躊躇していたけれど
車で帰るんだから買っていけば?とコレマタ同じ事を言うと
これまた同じように即「そうだね!」と言って色々と選びはじめた
で、コレマタ8年前と同じように
飛行機で帰るって言うのに私もチョットだけとか言って
苗と雑貨を少々(^^ゞ
が、この時ちょっと外れてしまった「タガ」は
後々もドンドン外れてしまうのであった(笑)

その後、ホテルのチェックインをして
チョットお部屋でやすんでから
0-chanちでチェックしておいたお店に夕食を頂きに

b20140603-11.JPG

b20140603-12.JPG

明るい時間帯に一度お店の前を通ったので
何となくお店の前の様子も分かっていたので
車もすんなり止めていざ店内に

ワイン食堂とあるので一応食事だけでも良いか確認すると
良いと言うので席に着いた
ネットでも夜はコースがおすすめとあったので
おまかせ6品のコースを

狭い店内で席は二人用のテーブルが2席とカウンターが4席
奥の方に個室らしきものがあるように見えましたね

時間が割と早めだったので
私たちが最初のお客さんでしたが
その後ワイワイと人が入って来てました
確かに見た目も味も満足なお店でしたよ〜

b20140603-13.JPG


一日の始まりが早かったので
お店から出たのが8時ころだったけれど
夜中の様な感じがしてましたね(笑)
この旅行中は早寝早起きでしたが
早起きは本当に一日を有効に使えて三文以上のお徳でしたわ(^^)

こうして軽井沢の一日目は更けていったのです
posted by alchemilla at 22:11| Comment(4) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする